日本版リメイク『24 Japan』キャスト等予想してみました



『24 TWENTY FOUR』大好きです。
シリーズは全て見ました。

捜査官ジャックバウアーがテロリストと戦うアメリカのドラマです。
24時間の出来事を1話1時間のリアルタイムで描いているのが特徴です。

その『24』が日本でリメイクされます。
テレビ朝日の開局60周年記念番組として、2020年に放送の予定です。
とても楽しみです。

スポンサーリンク

キャスト予想について

色々挙がっています。誰になるのでしょう。
好き勝手書かせていただきます。

阿部寛

彼が一番私の中ではぴったりきます。
売れっ子すぎて、ちょっと見飽きたという気もなくはないですが。

下町ロケットでの子煩悩な感じも、ジャックと重なります。
アクションが出来るなら、一番無難なキャスティングだと思います。

小山力也

日本語吹き替えの声優です。
ダークホース的な予想なのでしょうが、興味深いです。

小栗旬の名前も予想で挙がっていますが、本家では娘がかなり大きいので30代ではダメだと思います。
追記 シーズン1では娘はまだ高校生でした。ならばアリかもしれません。)

堺雅人も視聴率が取れるということで期待されているようですが、本作には合わないと感じます。
それよりは半沢直樹の続編をやってほしいです。

西島秀俊、岡田准一、織田裕二、唐沢寿明あたりはいいと思います。

岡田准一は阿部寛同様、よく見かけます。
織田裕二は別の海外ドラマのリメイクをやったそうです。

唐沢寿明はいいですね。
『白い巨塔』のリメイク以来、私は見ていません。
名作のリメイクということで相当プレッシャーもあったはずですが、すばらしい作品に仕上げました。

白い巨塔(岡田准一主演)の放送日はいつか予想する(自信あり)

仲村トオルも好きです。
最近『空飛ぶタイヤ』が映画化されましたが、WOWOW版のDVDを事前に見ていました。
あの頃は池井戸潤も今ほどの売れっ子ではなかったのですが、当時すでにファンになりました。

発表当初から、企画の失敗が危惧されています

24はアメリカならではの設定であるとか、大ヒット作なので本家と比較されるとか言われているようです。
そのため大物役者はキャリアに傷がつくことを恐れ、敬遠するのではないかという話です。
24話ということで、スケジュールの確保の問題もあります。

しかし、それならそれでいいと思います。

中堅クラスでもいいですが、新人でもいいのではないでしょうか。

新人を売り出すという企画が少なく、露出するのは売れっ子ばかりというのも閉塞感があります。
時代劇の『暴れん坊将軍』は、当時新人だった松平健を売り込む意図で企画されたと聞きます。

私の好きな時代劇テレビドラマ一覧

もし今回の24リメイクがヒットすれば、シーズン2以降のリメイクも望めます。
主演クラスの役者を使うと、スケジュールの確保が必ずネックとなるはずです。

『半沢直樹』は堺雅人以外考えられない名作ですが、スケジュールの確保などの問題で続編が制作されていないというのは惜しい話です。

女性総理役候補について

挙がっているのは、木村佳乃、天海祐希、鈴木京香らのようです。

私は全然ダメだと思います。
日本で総理大臣になれるイメージが全く湧きません。
あまり若すぎるのはダメなのです。

常盤貴子へオファーがあったそうですが、断ったという話がありました。
理由は明らかではありませんが。

米倉涼子説が出てきました。
テレビ朝日の顔なので、最有力かもしれません。

ドラマのリアリティを損なうので、若い(若作りな)役者はやめて欲しいです。
60代でもきれいな女優さんはいっぱいいます。

本家24の女性大統領・アリソンテイラーは50すぎだったようです。
それにしては貫禄があってよかったです。

スポンサーリンク

設定について

本家24での主人公の任務は、大統領選挙に立候補する黒人の政治家の警護となっていました。
日本版では女性政治家になっています。

そして主人公の過去の任務は、在外邦人の救出やテロ用の化学兵器工場の爆破に変更されています。

その他にも日本の制度や文化に合わせて、アレンジがなされているとのことです。

何も発表されないうちからコケるだろうと言われていますが、何の根拠があるのでしょうか。

主人公がルール優先のキャラクターに設定されるという危惧があるのかもしれません。

それではもはや24ではないでしょう。

拷問や射殺のシーンはあるのでしょうか?

日本では出来ないという意見も聞きますが、アメリカだって拷問は違法です。

本家の7部の冒頭で、主人公は過去に行った拷問等の違法行為を糾弾されます。
しかし彼はルールを守ってテロで何人も人が死ぬことを良しとしませんでした。

6部の冒頭、ラストも悲しかったです。
なぜ彼の理解者が少ないのでしょう。

感謝されるどころか非難ばかりされますが、それでも彼は無辜の民が死ぬことを見過ごせず戦っているのです。
それがジャックの最大の魅力です。

日本版リメイクでも、この点はしっかり描いて欲しいと思います。

クロエは3部からの登場ですが、人気キャラクターなので強引に入れてくるかもしれません。

いや、それはダメですね。

1部のジャックの協力者は、「彼女」がいましたから。

「24」をまだ見ていない方は、ぜひ見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする