おすすめ青汁の比較 人気のある商品を調べてみました。

青汁をここ3年ほど飲み続けています。

風呂上がりにコップに青汁を入れて、溶かせる程度の熱湯をポットから注ぎます。
そしてそれを牛乳で割って飲みます。

体調は非常に快適です。

若い頃は、健康を気遣うことをほとんどしませんでした。

子供の頃の学校の欠席はおたふく風邪以外はズル休みで、大人になってからも仕事を休むほどの病気はしたことがありません。

それでも近年は気にするようになってきました。

青汁を飲み始めたきっかけは、体調不良です。

毎年ではありませんが、冬にひどい風邪を引くようになりました。
夜中も咳が続いて眠れなかったり、1週間くらい熱がひかないということもありました。
もちろん病院には行きましたが。

血圧も高くなってきて、これは今も通院中です。

一番のきっかけは、血尿が度々出るようになったことだと思います。
怖かったのですが、病院に行くまでにもう少し様子を見ようと思っているうちに治ってしまいました。

なお最近知ったのですが、元プロボクサーの竹原慎二が血尿が出て検査を受けたところ、ガンだったそうです。

生まれつきの健康にあぐらをかいていましたが、少しは体のことを考える必要があると反省するようになりました。

青汁は家族が買ってくるものを飲んでいるのですが、毎回違うものを買ってきます。
比較してみたいというのが理由でしょう。
私は何でもいいと思っていたので、これまで気にしませんでした。

しかしあまりに種類が多いので、どんなものがあるのかを少し調べてみようと思いました。

Sponsored Link

楽天やAmazonで探した青汁まとめ

以下は令和元年5月3日時点のものです。

楽天レビュー数最多の30972件 ミネラル酵素スムージーダイエット

これが楽天一の人気商品です。

アマゾンおすすめ ヤクルト 青汁のめぐり

「青汁」グーグルで検索すると、サジェストにヤクルトが出てきます。
アマゾン以外でも人気があるのでしょう。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末

私の地元では一番良く見かけます。
昔の職場でも扱っていました。
偶然ですが、家で飲んでいるものもこれです。

青汁は多くの会社から出ていますが、商品によってはお湯に溶けにくいものもあります。
逆に溶けやすいものの中には、粉が細かすぎて舞い上がるものもあります。

この青汁はその点においてバランスがいいです。

ちなみに味は他の商品と大差ありません。
おいしくもなく、まずくもないというところです。

そもそも青汁に味をそれほど求めていません。
健康のために飲んでいるので、甘くない方がいいのです。

苦味はあるのでしょうが、たくさんの牛乳で割るので、どの青汁を飲んでもそれほど苦味を感じたことはありません。

Sponsored Link

キューサイの青汁 なつかしいです

青汁が市民権を得たのは、八名信夫のCMでしょう。

まずいというのは本当なのでしょうが、八名信夫が言わされていると思っていました。

しかしそうではなく、本人が言わせてくれと言っていたそうです!

台本のセリフでは「こいつは悪人にも良いぜ」だったそうですが、あまりのまずさにセリフが言えなかったのです(笑)

八名の要望で幹部会議が開かれて、「もう一杯」を付けることで了承されました。

そして結果的に大きな成果を収めました。
当時は知らない人のいないCMとなりました。

しかしいつの間にか、少なくとも他社の商品では、おいしく飲みやすい青汁の宣伝ばかりになってしまいました。
それで売れているのかは知りませんが。

キューサイの青汁は当時は飲む機会がなかったのですが、今もまずいのでしょうか。
一度飲んでみたいと思います。

アマゾンのおすすめにもなっていました。

余談ですが、昔まずいといえば、維力(ウィリー)というドリンクがありました。
町のあちこちで看板を見かけました。
後年そのまずさが話のネタになったのですが、当時飲む機会がなかったので時すでに遅しでした。

キューサイの青汁は今も残っています。
当時のまずいままでいてくれるとよいのですが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【10%OFF】キューサイ青汁(ケール青汁)7g×30包 粉末タイプ
価格:3330円(税込、送料無料) (2019/5/3時点)

楽天で購入

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする