日産カルロスゴーン会長ら逮捕 5年間の報酬を半分に見せかけ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

有価証券報告書というのがよく分からないのですが、
これによってゴーン会長は報酬額を公開していたそうです。

その内容にウソがあったので、今回の逮捕に至ったというわけです。

2011年~15年までの5年度分の有価証券報告書に、約50億と記載していましたが、
実際はその倍の100億の報酬を得ていたのです。

これは大胆ですね。
少額だったとしてもセコくて恥ずかしいと思いますが、これはやりすぎでしょう。

内部から告発されたのも、いくら実績をあげていようが、嫌われていたということかもしれません。
人切りもさんざんやってきたこともありますから。

もちろん額が額だけに、好き嫌いの話では済まされませんね。

日産に来てから、もう20年近くになります。
現在の不正金額は日産の調査だけが根拠と思われますが、
時期をさかのぼって調査が進めば、さらに大きな金額になるかもしれません。

会社の資金の私的流用も指摘されています。
その金額もまだ明らかではありません。

かつて2兆円あった負債、
それだけの負債を作った前経営陣も犯罪的だと思います。

それを4年でゼロにしたゴーン会長の功績の大きさは、疑いようがありません。
その後の成長を牽引した功績もそうです。

しかしその中でこのような犯罪が行われていたとは。

今回の件を残念に思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする