下町ロケットキャスト2018 イヤな奴一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

イヤな奴に一泡吹かせるのも、下町ロケットの醍醐味です。

前シリーズでもいましたね。
小泉孝太郎ではなく、帝国重工のエラソーな社員。

メーカーのくせに開発する力がないから佃製作所と組んでいる分際で、
大企業ヅラして中小企業を小バカにする。
イヤですねえ。

今期の「ゴースト編」でも、帝国重工の信用調査とかいう社員が、死ぬほどエラソーでした。

後半「ヤタガラス編」に突入し、またまたイヤな奴が出てきました。
正直、演技が大袈裟すぎるとも感じますが、そこは楽しんでいきましょう。

役者たちでイヤな奴ナンバーを競っているかのようなので(笑)、視聴者としても盛り上げていきたいです。

スポンサーリンク

氷室彰彦(高橋努)

島津(イモトアヤコ)と入れ替わりにギアゴーストへ入社した開発担当の社員です。

佃製作所とギアゴーストの社員たちが、居酒屋でかち合わせた時に、氷室はひどい悪態をつきました。

”島津はウチにとって価値がないから出ていってもらった”

ギアゴースト社長の伊丹に抗議に行った佃社長のことを、”みっともない”とも言っていました。

自分の仕事の能力に自信を持っているという設定ですが、
コイツは痛い目をみなきゃならん(笑)

ギアゴーストが今後どうなるか分かりませんが、これはロクなことにならない気がしますね。

吉井浩(古川雄大)

トノさんに不遜な態度をとっていた、農協の職員です。
組合を通さず取引をするトノさんが気に入らないということです。

「米なんて食えればいい」とか「消費者に味なんて分からない」とか、メチャクチャ言います。

イヤな奴というより、あまりにイケメンなので、ちょっと怖い感じがしました。

関連記事

下町ロケット 農林協の吉井浩は地獄へ堕ちろ~

スポンサーリンク

「ヤタガラス編」から登場したイヤな奴は、今のところ、この2人です。
「ゴースト編」から引き続き登場のキャストは以下です。

的場俊一(神田正輝)

帝国重工の次期社長候補です。

財前の企画を乗っ取ったということでしょうか。
(見逃した話もあるので)

佃に対して、好意的という感じではありません。
これは失脚しますね。

「ヤタガラス編」は三つ巴の戦いの様相を呈してきています。
それと佃製作所は当然としても、各陣営が不正をするという感じではなさそうです。

これまでは敵方が不正をして勝手にコケるということが多かったと思います。
佃製作所はどうやって勝利を得るのでしょうか。
それともやっぱり敵方が不正をするのでしょうか。

伊丹大(尾上菊之助)

今のところ、コイツが一番イヤな奴ですかね。
弁護士連中もイヤでしたが、すでに退場済みです。

15億も用意していた佃製作所に対して、手ひどく手の平を返しました。

元から悪人ではなかったし、佃も一度は信じた人間ですから、改心の余地はあるのかもしれません。

しかしそれは佃に負けて、全てを失った後の話でしょうね。
そのあと島津がまた手を差し伸べる展開なんてのは、ありがちです(笑)

氷室が加わった時点で、負けることの確信を一層深めました。

ギアゴーストと組んでいるダイダロスやヤマタニの連中は、
佃と敵対することにはなるのでしょうが、イヤな奴というわけではありません。

どういうことになるのやら、期待が高まります。

下町ロケット関連記事

下町ロケット第2回 視聴率の低い原因を考えてみました

下町ロケット 話題の気になるキャスト

下町ロケット コラボグッズまとめ

下町ロケット ヤタガラス編スタート 伊丹や重田との対決へ

下町ロケット イモトアヤコの涙の演技はアドリブだった!?

池井戸潤 関連記事

池井戸潤おすすめ作品「下町ロケット」「半沢直樹」など

「七つの会議」 池井戸潤作品「空飛ぶタイヤ」に続いて映画化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする