ドラゴンボールの最近の人気ゲーム一覧

映画近日公開ということで、ドラゴンボールが注目されています。

どのようなゲームがあるのか調べてまとめました。

ドラゴンボールファイターズ

最新作。
今年の2月に発売された格闘ゲームです。

人造人間21号を巡るストーリーモードも、結構凝っていそうです。

ドラゴンボールのゲームも30年以上の歴史がありますが、
それらの中でも最大のヒット作と言えるでしょう。

シリーズ最速で世界累計出荷本数200万本を記録し、
その後の総販売本数は250万本まで伸ばしました。

毎年アメリカラスベガスで開催される最大規模の格闘ゲーム大会、
EVO2018において出場エントリー数2575名、
ストリートファイター5の2487名を上回りました。

参加者数はゲームの売上に必ずしも比例するものではなく、
これまではストリートファイターが常に一番人気でしたので、少し驚きました。
インターネット中継の最高同時視聴者数は、25万人を超えたそうです。

格ゲー観戦はストリートファイターを追うのが精一杯で、
ドラゴンボールファイターズは観ていないのですが、
ストリートファイターのトッププレイヤーが参加すれば、
私も観戦したいと思っています。

ドラゴンボールファイターズ 強キャラまとめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラゴンボール ファイターズ
価格:6588円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

ドラゴンボール ZENKAIバトルロイヤル

アーケードで稼働している格闘ゲームです。
稼働開始は2011年5月からとのことで、息が長いゲームです。

DBFはサイドビュー視点の2D格闘ゲームですが、本作は3Dタイプとなっています。
こちらの方が、よりドラゴンボールらしい気がします。

2015年からの2回目のアップデート以来、
「ゼンカイバトル」というタイトルが付いています。

1回目の「超サイヤ人覚醒」は知っていましたが、
それ以来ゲーセンに行っていなかったようです。

これだけ続くゲームであれば、腰を落として取り組む価値があるかもしれません。

スポンサーリンク

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX

テレビコマーシャルでよく見るゲームがこれだと思います。
DBFまではこれが最新作でした。

調べてみたところ、カードゲームのようでした。
公式ページには36弾とありましたが、メーカーがカードを追加していっているのでしょう。
3300枚のカードから、5枚を選んで対戦するそうです。

ドラゴンボールZ ドッカンバトル

スマホゲームです。
ダウンロード数は全世界でなんと2億5000万!

例によって基本プレイ無料、アイテム課金が存在します。
これはネット上でよく広告を見ます。

すごろくのマップを移動し、アイテムを得たりパワーアップするそうです。
課金によってこれらのポイントのかさ上げをするのかな?

敵と出会ったらバトルが始まります。

ドラゴンボール ゼノバース2

タイムマシンを使ってドラゴンボールの歴史を作っていくゲームです。
これは面白そう。

アクション部分は、アーケードのZENKAIバトルロイヤルのような感じです。
オンラインで対戦したり共闘したりできるのも楽しそう。

PS4版とスイッチ版があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラゴンボール ゼノバース2 デラックスエディション
価格:5599円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
価格:6609円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする