ブロリーって誰だっけ? ドラゴンボール超映画化

スポンサーリンク

ブロリーの登場した、映画旧作を調べてみました


93年3月6日公開の「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」


94年3月12日公開の「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」

同7月9日公開の「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」
これはブロリー本人ではなく、クローンが登場。

ドラゴンボールの映画は、近年の「神と神」以外は一切見ていなかったものの、
ブロリーというキャラは、昔から何かと見聞きしていました。

映画にだけ出てきていることくらいは知っていましたが、
こんなに何度もだとは思いませんでした。

ブロリーとは何者?

孫悟空と同日に生まれた、

サイヤ人3人目の生き残りです。

サイヤ人の星である惑星ベジータがフリーザに破壊された時に、
別の星にいた孫悟空と王子ベジータ以外は、すべて滅びたと思われていました。

ブロリーは星の破壊による爆発の際に、潜在能力に目覚めて逃げ延びたのだそうです。
このあたりはよく分かりませんので、映画を見るのが早いでしょう。

ブロリーの力を恐れたベジータの父に殺されそうになったことがあり、
そのためベジータに恨みを抱いています。

また、孫悟空に対しても別の理由で恨みを抱いています。

その理由が、赤ん坊の頃、同日生まれの孫悟空の泣き声に驚かされたためだそうです。
このあたりもよく分かりませんので(笑)、映画を見るのが早いでしょう。

伝説の超サイヤ人は、破壊と殺戮を好むという設定でした。

孫悟空たちはそれとは違ってきていますが、
その通りのキャラクターがいたらどうなるか、
というのがブローリーのコンセプトだそうです。

今作と旧作の関連は?

旧作のブロリーは「危険なふたり!超戦士はねむれない」で死亡しており、
「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に登場するのは、彼のクローンです。

今作のブロリーの設定は、どうなっているのでしょうか。

公式ページを見たところ、ほとんど何も分かりませんでした。

しかし予告動画を見たところ、
ベジータの父がブロリーを救っていると思われるフシもあり、
旧作とのつながりはないのかもしれません。

旧劇場版シリーズは、原作本編とのつながりは無いとも聞いたことがあります。

今回ブローリーが登場した理由のひとつに、
海外における人気が高かったからということがあります。
もちろん国内でもそうなのだとは思いますが。

今までドラゴンボールの映画はほとんど見ていませんでしたが、
本作はドラマ性の高い内容と感じるので、興味が湧いてきました。

旧作とのつながりが無いのであれば、
ブロリーがどのような位置づけになるのかも気になります。

ドラゴンボールは好きなので、多分見に行くと思います。

公開日は、2018年12月14日(金)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする