EVO japan 2019 情報まとめ&雑感

スポンサーリンク

世界最大規模の格闘ゲーム大会EVOの日本版、EVOjapanが今年開催されました。
来年2019年の開催もすでに決定しています。

関連情報を調べてみました。

スポンサーリンク

開催日程
2019年2月15日(金)~17日(日)

第一回大会は、寒い中で色々と大変だったようです。
本家EVOが夏開催なので、この日程にしていると聞いたことがあります。

会場
福岡国際センター(福岡県福岡市博多区築港本町2-2)

第一回大会は東京で行われましたが、今年は福岡で行われます。
今後、毎回変えるのも良いのではないかと思います。
会場が遠くて参加を渋っていた人でも、近場であれば参加してみようと思えるかもしれませんから。

大都市でなくてもよいと思います。
後述しますが、前回は赤字だったそうです。
長く続けるためにも、予算はかけないほうがよいと思いますので。

2018年11月時点では、まだこれだけしか分かっていません。
今後追加すると思います。

前回の情報

参考に書いてみます。

参加費、入場料は無料でした。

これは今年も変わらないと思います。
(それが赤字の原因とも言われているのですが)

参加者数、入場者数にも上限はありませんでした。
エントリーは年内いっぱいまで受け付けていました。

メインの種目は以下の通り。

『鉄拳7』
『ギルティギア Xrd REV 2』
『THE KING OF FIGHTERS 14』
『ブレイブルーセントラルフィクション』
『ストリートファイター5』
『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
『ARMS』

どれも今でも人気があるので、続いて採用されるかもしれません。
(スマブラはスイッチの新作に切り替わるかもしれませんが。)

スマブラspスペシャル スイッチ版まとめ どんなゲーム?

そして次回は『ドラゴンボール ファイターズ』が確実に来ると思います。

優勝賞金は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』と『ARMS』を除く各種目が、
それぞれ100万円となっています。

前回(第1回)EVOjapanは赤字

盛況にもかかわらず、1億円以上の赤字となったようです。

そもそもどこが運営していたのかも知りませんでした。

本家EVOが企画当初は、有志が体育館だか公民館だかを借りて細々と始め、
やがて今のようにラスベガスで大掛かりにやるようになったということぐらいしか知りません。
現在の運営者も知りません。

EVOjapanに関して調べてみたところ、東証一部の大手企業が運営しているとのことでした。
しかし赤字というのはいただけません。
長く続いて欲しいと思いますから。

赤字の理由は、参加費を徴収できなかったからです。

そうすると景品表示法とかいう法律に抵触して、
賞金を参加費の20倍までしか出せなくなるからです。

以前格ゲー大会の賞金について調べたことがあるのですが、
ゲームソフトを買うと勝ちやすくなるから、その価格を基準に賞金額を抑えさせるという、
訳のわからない理由で減額を強いられているとのことでした。

ロビー活動でも何でもしてカネの動きを大きくしないと、今後の発展は見込めないと思います。

参加費を徴収できる本家EVOですら、賞金額が低すぎると思っているのに。

あれだけの人数を熱狂させられるというのに、
優勝賞金が数百万というのは安すぎます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする