漫画・アニメ

ジョージ秋山作品感想 銭ゲバアシュラ海人ゴンズイシャカの息子浮浪雲

ジョージ秋山先生の訃報が伝えられました。

最後に先生の作品を読んでから、30年は経っています。

それ以降のご活動については存じ上げません。『浮浪雲』は終わらないマンガというイメージがあったのですが、完結はしていたのでしょうか。

実はジョージ秋山作品は、それほど多くは読んでいませんでした。

ただその前衛的な作風が子供心には衝撃的で、強く印象に残っています。また妙に中毒性もあり、今になって読みたくなってきました。

多作だったので整理する意味でも、少し振り返ってみようと思います。

Sponsored Link

銭ゲバ

最後に読んだ作品というのが本作です。30年前ですら復刻版で、発表はもっと昔です。黒い装丁で全4巻、購入して読みました。

赤貧の中で育った主人公・蒲郡風太郎が、悪の限りを尽くしてのし上がるというストーリーです。

ピカレスクものと呼べばよいのでしょうか。少なくとも日本ではあまり見かけませんが、それだけに新鮮でした。

主人公に共感するというものでもないのですが、なぜか引き込まれてしまいます。

何年か前に松山ケンイチ主演で実写ドラマ化されましたが、それは見ていません。

面白かったんでしょうか。銭ゲバの魅力は、ジョージ秋山のあの絵と不可分であると思うのですが。

Kindle Unlimited対象作品です!

アシュラ

カニバリズムを題材にした、ジョージ秋山最大の問題作です。

過激さだけを売りにしていると思われているのかもしれませんが、私としては「悪人こそが救われる」ということをテーマにしていると子供心に感じていました。主人公は悪ではなく、かわいそうとしか思いませんでした。

しかし社会の弾圧は厳しかったようです。

「あしたのジョー」や「どろろ」は今では相当セリフを改ざんさせられていますが、そんな作品が普通に発表できた時代ですら「アシュラ」は許されませんでしたから。

私は「焚書マンガ」みたいなタイトルの本で、さわりだけを読んだと記憶しています。

今は読めるんですね。かつて弾圧された分の反動かもしれません。

Kindle Unlimited対象作品です!

Sponsored Link

海人ゴンズイ

マウマウ アチョプ!

少年ジャンプではかなりの本数を描いていたはずですが、最後の作品が本作のはずです。リアルタイムで読んでいました。

これもかなり昔の作品です。執筆活動のピークがそれ以前だったということは、あまりジョージ秋山作品に接する機会もなかったということです。

内容はほとんど思い出せません。肉感的な女が側にいたということくらいで、何か敵がいたというわけでもなかったです。大自然との戦いみたいなことをやっていたのかな?

怪人ではなく海人というツッコミがマニアの間では定番だったようですが、どっちでも大して変わらないという(笑)

ゴンズイって何者だったんでしょうね。

Sponsored Link

シャカの息子

ジャンプはリアルタイムで読んでいたはずですが、本作はほとんど読み飛ばしていたので内容は分かりません。

ただ印象に残っているシーンがあります。

主人公が女をたらしこんでいるシーンで次回に続くという回だったのですが、そのアオリ文で主人公のことを悪と読んでいました。

当時いとこにコイツの何が悪いのかと聞いたのですが、その主人公は核兵器を使って世界を滅ぼすことをたくらんでいたと教えてもらいました。

大人になっても気になっていて何年か前に調べてみたのですが、今でも読むことはできると分かりました。

2巻で880円です。高くはないですが、大昔の作品に今どきこれだけ払うというのも複雑です。しかしこれを機会に購入するつもりです。

ここ30年少年向けのジョージ秋山作品が読めなかったのは、単行本が絶版になっていたからでしょう。

短編ばかりなのは打ち切りが多かったのでしょうか。売れないから絶版になったということです。読めない作品はまだまだたくさんあるのだと思います。

浮浪雲

代表作ということで一応触れますが、ほとんど読んだことはありません。

主人公がさわやかすぎて違和感があります(笑)

少年漫画は毒々しい作風のものばかりだったので。

112巻で完結していました!

昭和48年連載開始、平成29年完結。

まさに生涯現役の漫画家人生でした。ジョージ秋山先生のご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.