閃の軌跡4予想 金の起動者は誰だ?

スポンサーリンク

ルーファスの様子から推理してみる

彼に何らかの心当たりがあり、おそらくその通りなのだと思います。

「思っていたのと違ってたわ」
というのは、彼のキャラクターに合わないので。

人物に心当たりがあるとして、
その人物はすでに起動者として覚醒しているのでしょうか。
それすらまだ確定事項とは言えないと思います。

スポンサーリンク

起動者となるには、導びかれて試練を受ける必要があります。
その導き手は、これまで地精か魔女のいずれかの人物に限られています。

クロウは クロチルダ
リインは エマ
アリアンロードは ローゼリア
ルドガーとオズボーンは地精の誰か(おそらくアルベリヒ)
セドリックも地精か、あるいは皇帝の血筋ということで不在かも

店頭PVを見ていると、金の起動者はローゼリアではないかと思われるシーンがありました。
そうかもしれませんが、考えてみると少しおかしいです。

自分が起動者なら、仲間にそのことを言うと思いますし、
獅子戦役の時に、金の騎神で参戦していたはずです。

ローゼリア以外でもエマかクロチルダが導き手なら、
閃3の段階で金の起動者は判明していると思います。

ただ魔女ではなく、地精の人物が導き手であれば、
ルーファスが知らないというのもおかしいです。

魔女側の新キャラクターが、閃4で登場するのかもしれません。

ヴィータが巡回魔女になって半年で消息を絶った時、
ロゼは過去にもあったことなのに無警戒だったと言っていたそうですが、
これが伏線なのかもしれません。

そうなれば、おそらく金の起動者は味方につくと思われます。

ルーファスの様子からしても、それは自然と思います。
そして何となくですが、あの場(黒キ聖杯最下層)にいなかった人物という気もします。

ミュゼが怪しいと思ったこともありましたが、そういうわけで候補から外しました。

あと、死んで生き返った人物がほとんどなので、
それも考慮するべきでしょうか。
無関係という可能性もあると思うのですが。

ルーファスの知る人物
地精側ではない
導き手は魔女
閃3ラストの地点にいなかった人物
蘇生した人物?

これらの条件に該当する(不確定の要素も含みますが)人物に絞って予想してみます。

1.オリビエ

これらの条件を考察する以前の第一感としてひらめいたのが、オリビエでした。

オリビエについては過去の記事でも触れた気がしますが
どこの記事か忘れたので簡単にふり返ります。

まず、あれで退場ではないというのが前提です。
死んでいないのか、死んでも生き返るのかは分かりませんが。

閃シリーズで多い、ピンチに駆けつけるシーンを、
閃4ではオリビエが金の騎神に乗って飛んでくるという形でやりそうです。

その後セドリックとの絡みを作っても面白そうだと思いました。

ただ今思えば、ルーファスがあの時点で
オリビエが生きていると知っていたというのも不自然ですか。

2.オーレリア

導き手の予想がつきやすいです。
行動を共にしているクロチルダです。

黄金の羅刹と呼ばれ、自身の機甲兵も黄金です。
起動者の女性比率が低いので、バランスをとるという意味で、
もし女性だとすれば彼女が妥当でしょう。

3.ドライケルス

ロゼは天寿を全うしたと言っていましたが、
生き返りという設定があるので無効です。

銀がアリアンロードなので、対となる人物をイメージするなら
ローゼリア以外ではドライケルスがしっくりきます。

4.ロイド

当記事を書こうと思ったのは、この記事についたコメントを読んだからです。

閃の軌跡4予想 どうなる?リィン

ウルスラ間道の湖の遺跡は、結局何だったのか、
いまだに明らかになっていません。

閃4では過去シリーズのほとんどの伏線が回収されるとのことなので、
ここに騎神がある可能性はあると思います。

すでに起動者になっているのでしょうか?
だとすれば、ルーファスの鳥籠作戦では、どうにもならないと思います。

すでに起動者となっているなら、
導き手としては、クロチルダ以前に失踪した魔女が候補でしょうか。

まだということであれば、閃4でこれから出てくるでしょう。

ロイドが起動者候補であることを、なぜルーファスが知っているのかという疑問は残ります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 軌跡野郎 より:

    自分のコメントで記事を作成してくださって嬉しく思います。いくつかロイドについて予想を追加します。ロイドの導き手はクロチルダだと思ってます。クロスベルに騎神があることを知って導き、鉄血宰相、結社に対して対抗手段を作った。その後、監視していたルーファスは騎神を目撃してないが、ロイドの行動を見て起動者ではないかと疑い、危険人物だと予測して指名手配にした。鳥籠作戦のはっきりした内容はわかりませんが、カンパネルラの術みたいに霊的結界を張り、マクダエル議長などの要人を人質に取って確実に騎神を呼べないようにした。なんか鳥籠作戦の地図見てると霊的結界が張られているようにしかみえないんですよね。そしてこの結界を張ったのは、ミシュラムの管理者であるマリアベルだと予想。そして6体の騎神がそろった時、ロイドと他の起動者の共通点が同じである事に気付き、やはり、と言い確信に至ったのではないかと思います。

    • まるご~ん より:

      コメントありがとうございます。
      クロチルダは帝国編からの登場でしたが、
      幻焔計画の主導者なので、
      クロスベルでも暗躍していたのかもしれませんね。

  2. 軌跡野郎 より:

    他にも自分が気になっている謎について書きます。 ○ゼクトールの起動者は何故バルデルではなく、ルトガーなのか?
    最強の猟兵でどっちも死亡したという同じ条件だったら、古い時代から存在している赤い星座の団長の方が起動者としてしっくり来ると思いました。またとある画像でもルトガーがアルベリヒに対して、嵌めやがった、と言っており、なんか無理矢理起動者にさせられた感があります。
    ○オズボーンの空白の3ヶ月。
    この時期に黒の起動者、人外になった事は予想できますが、果たして何があったのか?
    ○ニールセンとは何者か?
    空3、碧に登場し、百日戦役の取材、ガイ殺人事件の調査、閃3では北方戦役の取材の本まで作成し、全シリーズの重要なポイントに全て関わっています。巷では結社の使徒ではないかと噂されています。ケビンが知らない事を考えると、教会関係者ではないと思います。閃4は全てのシリーズの完結編で伏線も回収されるはずなので、彼の正体もわかるのではと期待しています。とりあえずただのモブキャラではない事は確実に言えると思います。
    ○マクバーンの正体は?
    執行者No.1という肩書き、アリアンロードと肩を並べる戦闘力を考えると重要な人物である事は間違いありません。まず1つ目の予想はヘクトル一世でテスタロッサの真の起動者。戦闘力的にしっくり来るし、セドリックでは小物感が強く、ストーリーの途中からは起動者が交代になると思っています。ユーゲント3世と声が同じなのも気になります。ただ帝国出身じゃないと言っているから可能性は低いです。他にもPVで一緒にマクバーンと共に写っていた巨人は巨いなる1と似ていました。もし巨いなる1と関係があるなら、閃4のラスボスはマクバーンの可能性もあると思いました。
    ○たくさん書いてしまって申し訳ありませんが、記事を作る参考にでもしていただければと思います。

    • まるご~ん より:

      コメントありがとうございます。
      ニールセンのことを調べてみたのですが、動画を見ても思い出せませんでした(笑)

      フルネームあり、盲目という思わせぶりな設定、作品をまたいでの登場、
      これは何かありそうですね。

      使徒だとすれば、碧EVOの声から人物像をイメージしたところ、第一柱に似ているような気がしました。
      もっと調べてみようと思います。