2019年の岡山の花火大会中止の理由と、代わりの他の岡山の大会について

スポンサーリンク

毎年8月に旭川を中心に「おかやま桃太郎まつり」納涼花火大会が開かれています。

11月7日に、2019年度の開催は中止するとの発表がありました。

理由

警備員の不足が原因です。

発表した会議所によると、人手不足などの影響で警備担当者(約550人)の確保が年々困難になり、
民間業者の不足分はボランティアで補っていたとのことです。

また近年はテロ対策なども求められ、対応が難しくなっています。

以前から人口密集地での開催も問題視されていました。

花火大会は1974年から毎年開催しています。

2017年には約33万人が観覧しました。
その年に撮影した動画です。

今年は7月の西日本豪雨の影響で中止となりました。

今後はどうなる?

場所の移転も検討されているそうです。

人口密集地ということが問題ということであれば、
上流の中原あたりが検討の対象になるのでしょうか。

大きな会社では、社員が屋上から花火を見ることも多いようです。

郊外で行うとなれば、そういうことも出来なくなるのでしょう。

一番の理由は、警備員の不足です。
仮にも政令指定都市で、500人程度の人員もそろえられませんか。
残念です。

夏に花火が見られないとは、ひどい世の中になったものです。

Sponsored Link

岡山県内の花火大会情報

岡山に他に花火大会はないでしょうか?
そちらへ行ってみようと思います。

調べてみると結構ありました。
それらの中には去年豪雨の影響で中止になった大会もありますが、今年はできるだろうと思います。

書いてあるのは、去年の開催日です。
おそらく今年もそのあたりになるのではないでしょうか。

西大寺

2018年7月21日(土)に行われました。
旭川の大会に代わるところとしては、ここが一番近いと思います。
今年は旭川大会が無くなった反動で、人出が増えるかもしれませんが。

西大寺観音院あたりで行われるので、JRで行くのがよいかもしれません。
徒歩10分程度のところです。
バスで行くなら駅まで乗らず、少し手前で降りたほうが早いはずです。

御津

2018年7月28日(土)の予定でしたが、中止になりました。

御津公民館あたりのところでやります。
郊外なので車を停めるとこぐらいありそうな気がしますが、津山線がすぐ近くにあるのでJRで行ってもよいでしょう。

岡山市内の花火大会は、この2つとなっています。
以下は参考までに、その他岡山県内の花火大会を調べてみました。

Sponsored Link

真庭市落合

2018年7月28日(土)開催。
旧真庭市役所落合振興局前 旭川河川敷でやります。
このあたりは車で行くと、桜のシーズンも混むらしいです。

高梁

2018年7月28日(土)の予定でしたが、中止になりました。
成羽川河川敷(鶴見橋付近)でやります。
300年の歴史がある花火大会です。

鏡野町

2018年8月4日(土)の予定でしたが、中止になりました。
奥津湖でやります。

津山

2018年8月5日(日)に行われました。
作陽高校の前でやります。
津山駅から歩いて10分程度のところです。

玉野

2018年8月5日(日)の予定でしたが、延期して行われました。
このあたりは豪雨災害の復旧にしばらくかかっていたはずですが。

宇野の藤井海岸で行われました。
宇野駅から歩くと、少しかかるかもしれません。

備前市日生

2018年8月13日(月)日生駅前の港で行われました。

久米郡美咲町

2018年8月13日(月)中央運動公園で行われました。
人出が5000人と少なめなので、狙い目かもしれません。

笠岡

2018年7月28日(土)の予定でしたが、延期して行われました。
笠岡も豪雨の被害がひどかったですが、なんと9月に延期して開催されていました。

会場は笠岡湾干拓東堤防です。
このあたりは被害が少なかったのかもしれません。

勝央町

2018年10月6日(土)に行われました。
秋じゃないですか(笑)
場所は勝央町畑屋地内 滝川沿いです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする