ファーウェイ幹部の逮捕理由 なぜなのか調べてみました

中国大手スマホメーカーの幹部が、アメリカの要請によりカナダで逮捕されました。

逮捕されたのはHuawei(ファーウェイ)のCFO(最高財務責任者)Meng Wanzhou(孟晩舟)氏。
同社創業者の娘でもあります。

最近、米中間が何かと対立するようになりました。

同社のスマホにスパイ目的のチップが仕込まれ、アメリカ当局から今後排除するとのニュースもありました。
日本もそれに追随するとも聞きました。

まだ詳しい話は出てきていないようですが今回の逮捕は、イランへの制裁違反とも聞きます。

調べてみました。

逮捕容疑

逮捕されたのは今月1日です。
ニュースを聞いたのは最近のことですが、同氏が報道禁止を求めたため詳細は明らかにされてこなかったとのことです。

イギリスロンドンのロイター通信の報道があります。

今回の逮捕は同社がアメリカのイランと北朝鮮に対する制裁措置に違反しているとされることに関連している、と報じています。

イランなどにアメリカ製品を輸出した疑いがあるとして、2016年から調査を進めていたとも伝えています。

各国の反応

アメリカに続き日本もファーウェイ製品を排除を進めているとのことですが、
イギリスの通信事業最大手のBTグループも5日、同様の発表を行いました。

イギリスの諜報機関MI6の長官であるAlex Younger 氏も、
イギリスにあるHuawei機器に対して懸念を表明していました。

ニュージーランドとオーストラリアの政府も、将来導入される5G通信網にHuawei機器を利用しない方向に進んでいるそうです。

まとめ

実は私はファーウェイ製スマホを愛用しています。

最初に買ったスマホは安さにひかれたのですが、何度も交換したりすぐに壊れたりしたので、
こちらに乗り換えたわけです。

今のスマホは安い上に使用上の問題もなく、とても気に入っています。

このようなニュースが報道されて、スパイされているかもと思うと少し気持ちが悪いです。

ですが、何の情報も持たない私がスパイされるはずがありません(笑)

値段、性能のバランス面で、適当な国産のスマホがないと思うんですよね。

同じく中国大手のスマホメーカー、ZTEもアメリカに目をつけられているそうです。
今後の動向を見ていこうと思います。

こちらの記事もご覧ください。

ファーウェイとソフトバンクの関係は?

ファーウェイ幹部の保釈請求が認められた理由とは?

日本はなぜファーウェイを排除するのか その理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする