漫画・アニメ

鬼滅の刃201話考察感想 今後の予想も!外したらゴメンm(__)m

鬼舞辻無惨を倒したかと思いきや、よもやの急展開に話題沸騰!

炭治郎が鬼と化し、仲間たちに襲いかかってきています。

無惨を倒してそのまま完結するかは、五分五分だと思っていました。

前回を読んだ時点では、7:3くらいで終わるだろうと。かなりいい感じでしたからね。

ただ、炭治郎は生き返るのではないかという気がしました。

それどころではなかったですね(笑)

まだ一山ありました。

そしてこの展開は歓迎します!

引き延ばしという感じは全くなく、さらなる盛り上がりが期待できそうです。

それでは詳しく見ていきます。

Sponsored Link

鬼滅の刃201話感想 鬼舞辻無惨の最期に思うこと

炭治郎が鬼と化すのは、全く予想できませんでした。

しかしできた人もいるだろうという感じはします。

意外ではあったものの既視感があったからです。

往年の妖怪漫画『うしおととら』です。

 

『うしおととら』アニメ化 漫画の感想

あれも予想できてもおかしくないはずなのに、実際そうなると意外と感じました。

鬼滅もうしとらもラスボスとのバトルは濃厚に描かれましたが、鬼滅のクライマックスは炭治郎が人間に戻るところになるのですね。(おそらく)

これはとてもよいと思います。

既視感といえば、ジョセフ・ジョースターがふざけて吸血鬼と化したフリをしたことも思い出しました。

炭治郎の場合、さすがにそれはないでしょう。

 

「思いは不滅」ということを無惨が認め、炭治郎を鬼と化して滅び去る・・・

無惨に関しては単に自己中心的で薄っぺらいヤツだとも思っていたのですが、彼なりの悪の美学のようなものを感じ取りました。

鬼滅の刃予想 これからどうなる?!炭治郎の運命は?

炭治郎は人間に戻ってハッピーエンドを迎えます。

この予想はかなり自信があります。

忠臣蔵や梶原一騎に代表される昭和の漫画においては、滅びの美学という概念がありました。

しかし今では時代に合わないと思っています。悪いとは決して思わないのですけど。

『鬼滅の刃』は超メジャー作ということもあります。凝ったラストでは、理解に苦しむという読者も多いことでしょう。

そしてハッピーエンドというのも、単純、安直といえるものでもありません。ハッピーエンドこそ王道であり、『鬼滅の刃』にはそれがふさわしいと思うのです。

さて、どうやって人間に戻るかということが焦点となります。

妹の禰豆子はすでに人間に戻っているということでよかったでしょうか?(単行本未収録分の一部がまだ未読なもので)

今後は禰豆子がヒロインとなってストーリーを牽引していくことでしょう。

鬼状態でくつわをつけたままの絵が多かったですが、人気投票では上位でした。今後は彼女の喜怒哀楽の表情を見られることでしょう。大いに期待しているところです。

主人公以外が主導して最終回を迎えるという漫画は過去にもありました。

ジョジョ6部の結末について考えてみた アニメ化を希望します

あと『聖闘士星矢』もでしたか。

しかし鬼滅が迎えるであろう最終回は、これまでになかったものとなりそうです。むろん私の予想を超えた最終回になる可能性もあります。

禰豆子が人間に戻っている以上、鬼が人間に戻る手段はあるはずです。そこを手掛かりに行動していくのでしょう。

その中で『青い彼岸花』の伏線も回収されると思われます。

これも意外な仕掛けがあるような気がします。本当の花ではなく、何か別のものを暗示しているのではないかと。

栽培していた平安時代の医者の行動範囲は限られたもののはずなのに、千年探しても見つからないというのは何か理由がありそうです。(ないかもしれませんが)

そして無惨が薬であのような化け物になったというのも、私には納得いかないところなのです。(この設定は維持されるのかもしれませんが)

いずれにしても、『青い彼岸花』に関しては、何らかの仕掛けがあることを期待しています。

『痣』についての設定は完全に明かされているのでしょうか?

縁壱の設定が、まだ消化不良のような気がします。まだ全部読んでいないからなのかもしれませんが。

「死んだ」ということになっていますが、それを言ったのは黒死牟だったような気がします。だとすれば彼がそう思っているだけで、本当は生きているという可能性も?

彼が絡んでくるとすれば、単に禰豆子が炭治郎を人間に戻して終わり、ということにはならないかもしれません。そうでなくとも、また一山もふた山もあるのではないかと。

このまま終わってもおかしくないと思われた『鬼滅の刃』ですが、それどころかクライマックスはこれからのようです。今後も期待しましょう!

鬼滅の刃203話ネタバレ&感想 永遠に置き去りの鬼舞辻無惨!

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.