漫画・アニメ

鬼滅の刃考察&感想204話 時代は現代へ!最終回じゃないぞよもうちっとだけ続くんじゃ

そして時は流れ 時代は現代!!!

…やはりこうなってしまいましたか。

時代を現代に移して継続するという予想は、以前にどこかで見ました。言った方は半分冗談のつもりだったと思うのですが、そのとおりになってしまいました。

私は全分冗談で「次は宇宙人と戦う」などと書いたことがありました。

黒子のバスケ 続編の可能性はあるのか?ラストゲームの続きが見たい!

違ったかな?検索したら『黒子のバスケ』が出てきました。

しかし『鬼滅の刃』でも、絶対ないとは言い切れなくなってしまいました。

時代を現代に移してまで「鬼のいない平和な世界がまだまだ続いていますよ~」なんてやるわけがありません。

「鬼滅の刃」のタイトルどおり、また鬼との戦いが始まるのでしょう。

Sponsored Link

鬼滅の刃・現代編 予想考察 新たに現れる鬼のルーツは?

現代の鬼は、どういう設定となるのでしょう。

2つほど思い浮かびました。

1つ目は、愈史郎に絡んでの復活。

2つ目は、青い彼岸花による復活です。

愈史郎に絡んでの鬼の復活の予想と考察

一応ここで確認といいますか、愈史郎は炭治郎や禰豆子のように、人間に戻ったわけではないですよね?

その前提で話を進めます。

「鬼のいない世界」とあるものの、絶えたわけではありません。鬼は血を与えることによって増やせるという設定があります。

愈史郎の血が、なにかの手違いで鬼の復活につながる可能性を考えてしまいました。

愈史郎本人が暴走するということもあり得ますか。

愈史郎がらみの引き伸ばしは嫌なんですけどね。

彼は鬼でありながら人間に味方するというところが魅力だったので、そのままいいヤツでい続けて欲しいです。彼が原因で、また鬼のいる世界に逆戻りするなんて悲しすぎます。

いずれにしても、鬼である限り彼は生き続けるということでしょうか。

今回炭治郎に「死なないでくださいね。」と言われていましたが、これは陽の光から隠れ続けても生き続けて欲しいという解釈をしているのですが。

長生きしているうちに心変わりして悪の鬼になってしまうなどということがあったら、悲しいどころか胸糞悪いです。

子孫を残して、それが悪さを始めるということはあるのでしょうか。

鬼舞辻無惨が滅びると、基本他の鬼もそうなるという設定なので、今残っている鬼は愈史郎のだけのはずです。

子孫を残しても血は薄まっていくので脅威とはならないような気もしますが、そうでもないのかもしれません。

犬夜叉続編!殺生丸様の嫁は誰だ?かごめたちはあれからどうなった?

青い彼岸花による鬼の復活の予想と考察

これは可能性が高いと思います。

思わせぶりなまま放置されていますが、続くにしろ終わるにしろ、この設定が未消化のままではいけないでしょう。

この『青い彼岸花』から調合された薬によって、悪鬼・鬼舞辻無惨は誕生したのです。

無惨は千年かけて探し続けましたが、ついに見つからずじまいでした。

新たな悪鬼誕生の可能性は残されているのです。

『鬼滅の刃』204話感想

時代は現代に移りますが、今回登場した人物たちは幸せなまま天寿を全うしたと信じたいです。

残った柱は2人だけですか。

少女マンガみたいな女の子も死んじゃったんですね。

そして不死川の弟も。兄貴の方は生き残りましたか。

中途で退場した背の高いハゲの人はどうなんでしょうか?

義勇さんは生き残ると思っていました。

 

やはりこれだけ人気があっては終われないですよね。ちょっとでもきれいに終わると思った私は、耄碌したのか、それともまだまだ子供なのか(笑)

この現代編は、絶対当初の構想にはなかったはずですよ。あるのであれば事前に伏線として触れていなければ、唐突で不自然に感じるものだからです。

実際、とても唐突に感じました。

青い彼岸花のネタで引っ張る可能性は、なおさら高いと思えてきました。

本来であれば大正時代編で消化するのが自然だからです。引き伸ばすために未消化のまま大正編を完結させたのでしょう。

現代編では呼吸法による戦いから、精神によるビジョンの具現化でも始めるのでしょうか。

ここからが長くなりそうです。

【2020年12月04日発売】 集英社 SHUEISHA 鬼滅の刃 23巻 フィギュア付き同梱版【発売日以降のお届け】

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.