キン肉マン289話ネタバレ&感想 超人血盟軍回想

キン肉マン289話ネタバレ 栄光と弾丸の開戦!!の巻

目覚めの闘魂注入!

この大一番で力みすぎていたブロッケンJrが、ソルジャーの張り手のおかげでようやく目が覚めたぜ。

スポンサーリンク

キン肉マン289話感想 ブロッケンJr先攻!

超人血盟軍の闘いからもう30年以上になりますか。
ブロッケンJrとバッファローマンがどうやって負けたのか、ちょっと思い出せません。

ザ・ニンジャはアシュラマンの師匠のサムスンだかサムソンにだかに真っ二つにされていたと思います。
彼はブロッケンJrとの直接対決でも負けていましたね。

超人血盟軍の中では最弱でしょう。
近年の闘いでカラス使いの完璧超人に勝っていたのは出来すぎです。
まあブロッケンJrも似たようなものですが。

アシュラマンはそのサムソンと引き分けていました。
8を横にしたら無限大∞になるとかいう技でした。

今でも覚えていますが、連載時は梅雨の時期で、1週間以上長雨が続きました。
そのためこの週だけジャンプが買えませんでした。

後年他の漫画も含めて、単行本で抜けた回を読みました。
平松伸二の『ブラック・エンジェルズ』では、老師の弟が神零士に胴体を真っ二つにされている回でした。

人気漫画は他にもあったはずですが、この2作しか思い出せません。
『聖闘士星矢』が一番好きだったので、この時期はおそらくまだ始まっていなかったはずです。

そういえばニンジャは真っ二つにされてから、どうやって生き返ったのでしょう。
真っ二つから復活のジャンプキャラは、他には藤堂兵衛とダークシュナイダーがいたでしょうか。

ソルジャーが他のメンバーを差し置いてブロッケンJrを選んだ理由が、よく分かりません。
他のメンバーもソルジャーに心酔していたはずです。

今回の戦いで明らかになるのでしょうか。
過去の血盟軍で生き残った(といっても負けましたが)最後の二人だったような気もします。

オメガ組は「オメガ・グロリアス」と名乗りました。
調べたところ「グロリアス」は、輝かしい、栄光あるという言葉を意味します。

色々なところで使われているようですが、私が知っているグロリアスはこれです。

ついに闘いが始まりました。
しかし相変わらずフルメタル・ジャケッツが勝つイメージが湧きません。

前回ではマッスルドッキングに匹敵する大技が出るのではないかと予想しました。

キン肉マン288話感想 ブロッケンJrとウルフマンコンビ回想

もう一つ予想すると、マリキータマンと相打ちになり、後はソルジャーとアリステラの一騎打ちになるという展開です。
こちらの方が予想としては有力かもしれません。

しかしタッグ戦なので、やはりタッグ戦ならではの戦いを見たいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする