キン肉マン298話ネタバレ&感想 ブロッケンJrが指名された理由とは…?

キン肉マン298話ネタバレ オメガの猛攻!!ソルジャーはタフなのか それとも…?

オメガのクソ力—炸裂!!!

ジャイガンテグローブカッターがマトモに入ったーーーっ

アリステラも手応えを感じていたが、ソルジャーは立ち上がる。

「オメガのクソ力とやらは…この程度のものなのか?」

死にぞこないに見えたソルジャーの、その余裕はなんだ…?なんなんだその余裕はーーーっ!

アリステラと違って、ソルジャーは何も背負ってないからなのか?

オメガの猛攻!!!

それを見ているブロッケンJrは泣いている。

なぜ泣いている?そして異様に懐かしい感覚は?

アリステラはかつての自分であったことに気づく。かつてラーメンマンがブロッケンJrに道標を示したことを思い出す。

ソルジャーもアリステラに示すことが出来るのか。

”火事場の底力”をその身に刻め—!!!

次回、ソルジャーの”祈り”がついにその力となる…!?

Sponsored Link

キン肉マン298話感想 オメガのクソ力は本当にクソな力か?

前回、通常のバトルであれば決定打となる大技を食らったシーンで終わりました。まあ、本戦はそうはならないとは思っていましたが。

しかしほとんどダメージを感じていないかのような描写は予想外でした。ソルジャーが言うとおり、本当にオメガのクソ力は大したことがないのでしょうか?

ブロッケンJrが唐突に泣き出したのも予想外でした。

そしてラーメンマンの登場も。

そういえばブロッケンJrは、当初はラーメンマンを父の仇として闘志を燃やしていました。この頃のラーメンマンは正義超人に転向していましたが、ブロッケンマンと闘っていた頃は悪役で、残虐超人と呼ばれていました。

胴体を断ち切っていました!!!

キン肉マンとの試合でもやられそうになっていて、子供心にこわかったです。

ブロッケンJrにはロメロスペシャルという技を決めて勝っていましたが、大して痛くなさそうな技だと思いました。

少し調べてみたところ、おととし滋賀県警の懇親会で、女性警官にこの技をかけて写真撮影をしていたという事件があったことを知りました。

技を手伝ったり撮影画像を他の署員に送ったりした50代の警部補は依願退職、

技をかけた40代の巡査長は巡査部長試験の合格取り消し(軽すぎない?)

こいつら世代的に絶対キン肉マンを見ていて、それでマネしたんでしょうね。

あれほど当時の作者のコメントで、危険だからマネするなと言っていたというのに。というより、言われなくてもいい大人が普通しませんけど。

Sponsored Link

ラーメンマンについて 悪役から正義超人に

なんでラーメンマンはいいヤツになってしまったのでしょうね。

中国拳法がウケたのでしょうか?北斗の拳より前だったはずですが。

主役でアニメ化もされました。

当時「フレッシュジャンプ」という月刊の漫画雑誌に、看板作品として連載されていました。部数は悪くなかったが、作者の負担が大きいということで廃刊になったと聞いたことがある気がします。

内容はあまり覚えていません。そこそこ面白かったと記憶していますが。プロレスではなく、中国を旅して中国拳法で悪と闘うという内容だったはずです。

そういえば本編ではネメシスにやられて、まだ生き返っていなかったでしょうか。完璧超人編は一区切りしているので、ロビンマスクと並んで生き返る機を逸した感があります。対オメガ戦が終わったあとに超人閻魔が出てきて、その時に生き返るのかもしれません。

Sponsored Link

ソルジャーがブロッケンJrを指名した理由とは?

バトルに有利と考えたからではないということでしょうか?

そもそもブロッケンJrは、最初からそれほど歪んではいなかったと思っています。。

そしてアリステラも。

最近ではすっかりいいヤツという印象です。

本戦もそろそろ終わりそうです、というより終わって欲しい。面白くないというわけではないのですが、休載をはさみながらということもあり、さすがに長く感じてきました。

キン肉マン自体、ちょっと続きすぎという気がします。『2世』が中途半端な感じで中断していたので、1世をこれほど続けるとは思っていませんでした。

好きなのは1世なので続けてほしいのはこちらなのですが、それならば2世の方をもっとスッキリした感じで終わらせて欲しかったです。マンモスマンが離脱して、謎の人物にスカウトされそうな感じで終わっていたでしょうか。

調べたところ、あれからもう8年にもなるようです。アニメになっていたとは知りませんでした。

今回は特に支離滅裂な感想内容になってしまいました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする