キン肉マン300話ネタバレ&感想 Lってなんだっけ?オメガの呪いの理由も忘れた

祝!300回!

たまにはカラーで見たいところです。

もっと言えば、この回で決着をつけるくらいのペースでやってもらいたいところでした。

面白いんですが、さすがに長いと感じます。

Sponsored Link

キン肉マン299話ネタバレ 千万年の”文化”と”伝統”!!

忘れるには深すぎる……

ザ・マンへの恨みを捨てることは…できない

アリステラの反撃!

ああーーーっと

パートナーであるマリキータマンをソルジャーに向かって投げたーーーっ

背中から無数の棘が飛び出す!

そこへ飛び出したブロッケンJrが盾となり受け止める。しかし激しく流血してしまった。

オレにはお前の気持ちがなんとなく分かるんだよ!!!

何がわかるのだ!わかってたまるかーーーっ

マリキータマンの追撃を受け、さらにダメージを負ってしまう。

しかしなぜかソルジャーと交代はしないブロッケンJr。

二人がかりの大技が次々と繰り出される!

それをカットしないソルジャーは彼のことを見捨てたのか?

いや、ソルジャーは誰も見捨てはしない…オメガの二人さえも!

ならばとソルジャーの心をマリキータマンが探る。

彼の胸に現れたソルジャーの本心の形とは…

仲間には伝わる「絆」の形!

次回、ブロッケン、ソルジャー隊長の熱い思いに応えられるか……!?

キン肉マン300話感想 忘れているのは「ザ・マンへの恨みの理由」と「仲間には伝わる絆の形」!!!

殴ったり蹴ったりというのはケガですむ…というセリフが『あしたのジョー』でありましたが、キン肉マンの超人の攻撃は命に関わります。

マリキータマンはてんとう虫というよりハリネズミですね。誇張でもなんでもなく、凶器そのものです。

自然界の動物はあなどれません。たとえばワニの鱗というか甲羅というか、背中の硬い箇所をピストルで撃ったくらいでは、弾かれてしまうと聞いたことがあります。

その後の二人がかりの、オメガハンドの爪で引っ掻く技もえげつないです。トラやライオンにやられるよりもきつそうです。

まあ体に穴を開けられても生きていられるブロッケンJrですから、オメガの連中が驚いているように並の耐久力ではないということなのでしょう。

しかしそうなると、オヤジのブロッケンマンが体を真っ二つにされたくらいで死んでしまったということに納得がいかないのですが…(笑)

Sponsored Link

新シリーズのキン肉マンからだと思いますが、超人の歴史の長さの説明で、何千万年、何億年ということがよく言われています。

単純によくそれだけ種が続くものだと今までは漠然と思っていました。

しかし恨みが何千万年ともなると、かなり気持ち悪いです。身もフタもありませんが、何千万年も進歩がなかったとも言えます。

そもそも、オメガがザ・マンを恨む理由って何でしたっけ?

あっ!今かすかに思い出しました。

ザ・マンが生み出したパーフェクトオリジンが、オメガの星を襲ったんだったような気がします。それで辺境の星に逃れたんでしたっけ?

大事なところなので、確認しなければいけません。単行本だとどのあたりになるのでしょうか。オメガ六槍客(でしたっけ?)のシリーズは、このあたりからのようです。

フェニックスがアリステラに、ザ・マンは味方だと言ったことは覚えています。

おそらくそれが本当なのだと思いますが、どういう理由を用意しているのでしょうか?オメガに試練を与えたとか?

もう一つ忘れているのが、マリキータマンの胸に現れた L の文字です。

おそらく旧シリーズの王位争奪編で出てきていると思われますが、完全に忘れています。まだ出てきていない可能性もあるかと疑うほどに忘れています。

旧シリーズでのソルジャーチームの勇姿も確認しておきたいところです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする