キン肉マン301話ネタバレ&感想 ブロッケンJrの『人気のクソ力(?)』が大爆発!

キン肉マン301話ネタバレ “L”と”望み”の巻

理解不能、解析不能……。

グ…グム~ッ わからないんだ

マリキータマンの胸に現れた”L”が何を示しているのか…

それはブロッケンJrたち超人血盟軍のサイン「L」の陣形!

そしてその意味は

『最期まで望みを捨てずに闘え』だ!

そして彼らの望みとはこの試合に勝つなんてケチなもんじゃねぇ

それは恨みに生きる虚しさを相手に気づかせることだったのだ!

…以下略

Sponsored Link

キン肉マン301話感想 クソ力より強いのは人気のパワー?

Lの陣形って旧シリーズで出ていたのでしょうか?全く記憶にございません。

ブロッケンJr大活躍が大活躍です。

なんでいきなり強くなるのでしょうか?

恨みを捨てた超人の力、などと言っていますが、ラーメンマンとはかなり前からすでに仲良し状態だったはずです。

自身の未来などとも言っていますが、キン肉マンII世での彼の初登場シーンの悲しさが思い浮かびました。

ブロッケンは作者に嫌われているのかとも思っていたのですけどね。キン肉マンII世での彼について、ブロッケンはあれが似合っているみたいなコメントをしていたような気がします。

そういえば、旧シリーズの夢の超人タッグ編での扱いもひどかったです。

ロビンマスクやラーメンマンも負けるときには負けるのですが、ブロッケンJrがあの時やられたのは完璧超人のザコでしたからね。2000万パワーズとそこそこやれていた気もするので、実際はそうでもないのでしょうが。あれはブロッケンJrがザコ扱いでした。

今のブロッケンJrの強さは、読者の人気が反映されているとしか思えません。

前回のバトルでは初めてともいえるくらい爽快な勝ちっぷりを見せたことを覚えていますが、あれが好評を博したのかもしれません。

ふと思ったのですが、キン肉マンは美形キャラで人気取りをやらないマンガですね。

かつてはラーメンマンが一番人気があって、彼を主人公にした漫画をキン肉マンとのかけ持ちで連載していたこともありました。彼もブロッケンJr同様、美形キャラとはいえません。

ラーメンマンは元々悪役でした。これは作者も認めています。何がターニングポイントになったのでしょうか。

想像ではありますが、ブロッケンJrとの試合がそれだったのではないでしょうか。

オヤジにはあんなことをしておいて、息子に対しては成長を見守るというような素振りを見せました。

美形キャラの話に戻りますが、全く顔を見せない人気キャラクターもいます。

アタル兄さんは何かの人気投票で1位を取ったようですし、ロビンマスクもラーメンマンに次ぐ人気キャラでした。

考えてみると、これはすごいことだと思います。

以前に関して少し調べていたら、完璧超人始祖編のザ・ニンジャの闘いでも、Lの陣形は出ていました。比較的最近のことではありませんか…不覚。

マリキータマンはこれで退場でしょう。
ナパームストレッチの派生技ですが、顔面を地に叩きつけられる形だと、ブロッケンJrを正面から見たアングルで描かれるかもしれません。

残るアリステラを二人がかりで襲うというのもなんですから、ブロッケンJrも退場となるでしょう。

あとはソルジャーとアリステラの一騎打ち。おそらくそれほど長引かないはずです。あるいは次回のラストで決まるかもしれません。

決め技はマッスルスパーク!!!

…と予想します。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする