漫画・アニメ

キン肉マン313話ネタバレ&感想 神との闘い?最終決戦へ突入か!?

 

Sponsored Link

キン肉マン313話ネタバレ 真実への十四階段!!

真実、顕現!!

ザ・マンが牢に入った状態で聴いているレコードの曲は、モーツァルトであった。

彼はモーツァルト、そして音楽という文化、またレコードという人間の知恵の産物をも讃える。

牢に入っている理由は、超人墓場からもはや出ることはないという意志、そして未来を託すことの証明である。

よい弟子を持った。

そのことに気づかせてくれたのはゴールドマン、そしてもうひとり、シルバーマンの子孫であるキン肉マンであった。

そしてついにアリステラに、彼らの祖先に何があったのか語り始める。

彼らはマグネットパワーの存在にまで手を出し、"神"を目指した民であったと。

しかしそれは許される思想ではなかった。

許さなかったのはザ・マンではなく、なんと天界の神!

天界では「超人という種を生かすか殺すか」思想が二分されていた。

超人となったザ・マンは生かす勢力の頭目で、かつては"慈悲の神"と呼ばれていた。

そして殺す方の勢力を取りまとめていたのが、かつてのザ・マンに匹敵する力を持つ"調和の神"であった!

"慈悲"と"調和"、似て非なる神ー

次回、キン肉マンたちの次なる目的が明らかになる…!?

キン肉マン313話感想 内容以上に休載にショック!次回から過去の読み切り作品で救済!!

14階段というのは初めて聞きました。

13階段というのは絞首刑の死刑台の階段のことだったと思うのですが…いずれも検索しても出てきません。

さて、真の敵は邪悪な神でしたか。

『聖闘士星矢』では見慣れていますが、ありそうで今までなかったですね。思えば王位争奪編では、彼らが元凶でした。

キン肉マンに敗れた悪魔将軍がザ・マンを倒せるくらいですから、どうにもならないという強さではないのでしょう。

いや、ザ・マンは神ではなく超人でした。神は1億パワー、果たして対抗できるのでしょうか。

正義超人のメンバーでは、到底ついていけないでしょう。

悪魔将軍、シルバーマン、キン肉マン、ソルジャー…

アリステラは勝算に関わらず出なくてはいけないでしょう。

あとはネメシスくらいでしょうか。そしてジャスティスマン!

オールスターキャストの総力戦となりますが、けっこう人材はそろっていますね。ワクワクしてきました。

それとも今回ジャスティスマンについていったメンバーなのでしょうか。今述べた以外の超人では、荷が重いような気もしますが。

来週から当面一ヶ月の予定で休載することになりました。

あらゆる業界に影響が及んでいますが、ついにここまで来ました。キン肉マンだけではすまないかもしれません。

デジタル執筆を取り入れている漫画家であれば、スタッフが在宅でも作業ができるのでしょう。

しかし説明にある通り、キン肉マンは昔ながらのアナログのスタイルで制作されています。

そしてベテランの漫画家の場合、同様であることが多いと思われます。

『銀河伝説ノア』の高橋よしひろ先生は、デジタル作画は導入しないとかつてコメントを出していました。

他に読んでいる漫画は『天牌』

天牌強さランキング 最強は誰かを考察!作品の感想も読んでね

あとたまに『K2』。(年配作家ばっかりや…)いずれも予断を許しません。

若手作家の作品は『鬼滅の刃』のみ読んでいるのですが、これは大丈夫なのでしょうか。鬼滅にまで影響が及ぶと、さらに混乱に拍車をかけることになるでしょう。

鬼滅の刃201話考察感想 今後の予想も!外したらゴメンm(__)m

とはいえ、漫画は漫画です。読者も命をかけて描けとは言いますまい。

今は充電期間ということで、しっかり英気を養って頂きたいと思います。

Sponsored Link

キン肉マンの動画・漫画を見るならU-NEXT



Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.