軌跡シリーズ

ファルコム国勢調査2020結果感想!動画アリ『黎の軌跡』情報も気になる!

先日のFalcom Day 2020 Winterで「ファルコム国勢調査」の結果発表がありました。

ウチには国勢調査員が来なかったのですが…じゃなくて(笑)企画の存在を知りませんでした。

ファンのみんなはどう考えているのかには興味があったので、楽しく見ることができました。新作情報も嬉しかったです。

それでは内容と感想を述べさせていただきます。

Sponsored Link

ファルコム国勢調査2020結果発表動画

24:30からです。

なお冒頭部には『黎の軌跡』情報があります。

好きなSクラフト部門

アシスタントのお姉さんが「強いから選ばれているというものでもないのでしょうか」というようなコメントをしています。

確かにキャラ人気にかなり引っ張られているような印象は受けますね。

そしてそれは、Sクラフト以外のほとんどの部門にも言えることです。

ちょっとつまらない感じもしますが、微妙な違いからファンの感じていることを読み取ってみましょう。

キャラ人気が低いにも関わらずランクインしているSクラは、やはり強いということなのだと思います。

アリオス、ランディのSクラということになりますが、性能を調べてみました。

 

弐ノ太刀・荒神天衝:攻撃 威力:4S+ / ブレイク:D / 崩し:無効 /全体 / 封技150%

ベルゼルガー:攻撃 威力:4S+ / ブレイク:C / 崩し:無効 /全体

 

??どうということはないと思うのですが。ムービーがかっこいいということ?

逆に言えば、キャラ人気が高いにも関わらずランク圏外なのは弱いということになるでしょうか。

アルティナ、ロイド、レン、アリサが該当しますが、確かにSより通常クラフトの方が使えるキャラかもしれません。

Sponsored Link

好きなキャラクター部門

発表順を前後して、こちらを先に確認しておきましょう。

ルーファスがこの位置につけていることがすばらしい!

ラピスも頑張りましたね。

ナーディアはあまり活躍したとも思えないのですが、それでもこの位置です。

これを以って『創の軌跡』は成功したといってもよいでしょう。

スウィンて何位なんでしょうか(笑)

あとロイドの順位の低さが泣けます…零碧はランディが主人公の方がしっくり来ると私は感じています。

Sponsored Link

真・夢幻回廊で使ったキャラクター部門

やはり強いキャラより好きなキャラが選ばれている傾向が見られます。まあ、そうなるでしょう。

例外はマクバーンです。私もレベルがカンストするまで使っていました。

強いということもあるのですが、とにかく死なないキャラでした。とても楽しい!気持ちいい!そこにシビれる!あこがれうゥ!

ラスボス戦以外では一度も死んだことがありません。リィンやクロウはカンストまで鍛えてもよく死んだものです。育成が下手なのかもしれませんが、マクバーンは下手でも使えるということです。

強いキャラ部門があれば面白かったかもしれません。キャラ人気は低くとも、たとえばエリオットエリィは強キャラという話ですから。純粋な性能ランキングに興味があります。

やり込み要素なのですから、アリアンロードオズボーンも何かこじつけて使えるようにしてもらえればなおよかったです。アリアン&マクバーンやリィン&オズボーンの夢のコンビが見られる日は来るのでしょうか。

リィンとクロウは単独でも人気が高いですが、コンビを組ませたいと思ったユーザーも多いはずですよ。以前コンビの人気投票もありました。

軌跡シリーズ人気投票結果ついに発表!<電撃ゲームフェス2019>生配信まとめ

銀の封印石から出て嬉しかったもの部門

開封が面倒なのでほとんど開けませんでした。この中では、ロストアーツが出たら確かに嬉しいかもしれません。

衣装ってDLCでないと、まともなものは入手できないと思っていたのですが…

英雄伝説 創の軌跡 公式ビジュアルコレクション [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]

お気に入りの衣装部門

そのDLCにしたところで、あまり欲しいと思えるものはありませんでした。

というより、ほとんどがゲテモノじゃないですか?YouTube動画では、

でっかい赤い桃みたいなかぶりものとか、アフロヘアとか、ぬいぐるみを抱いたりとか、裸とか、

変なのばかり見かけました。格ゲーのストリートファイター5も変なのばかりだし…今のセンスにはついていけんわ…

プレイはしていないのですが、『暁の軌跡』はよい衣装が多いと思います。

ここにあるのはマトモなのばかりですね。過去作の衣装はあまり欲しいとは思いませんが、和装は面白そうです。

リーシャの花嫁衣装はしばらく着ていました。確かにかわいいのですが、ストーリーが盛り上がるにつれて気が散るようになってしまいデフォルトに戻してしまいました。

衣装は夢幻回廊で楽しむものなのかもしれません。

好きなルート部門

ストーリーが完全に独立しているわけではないので、ピンときません。

夢幻の彼方へはプレイした? 部門

これも変なアンケートですね。本編クリア前提なのかすら分からないのですが。

クリアしてプレイしていないのであれば本編に満足できなかったということでしょうが、1割くらいはいるのかもしれません。

それより本編未クリアの割合の方が、おそらく多いと思います。

アップデートの内容には満足しています。

【送料無料】 英雄伝説 創の軌跡 オリジナルサウンドトラック 【CD】

好きなシーン部門

これはアレしかないと思っているのですが…

逆しまのバベルに残ったルーファスを救い出すために引き返したシーンです。

なぜ無いんだ?と思い調べたところ、5位の「絆を甘く見た容疑で」のシーンでした。

ルーファスばかり見ていたので、そのセリフは忘れていました。

ここからエンディングに向かうので(多分…)最大の見せ場のはずなのですが、5位は低いと思います。

4位が何のシーンなのか思い出せないのですが、3位とセットになっているシーンだそうです。

「見つけた」というのは、ルーファスが多くの人形な中からラピスを見つけたシーンのことですよね。

あれはタネ明かししては水を差すので、ルーファスが黙っていたということだったはずです。

感動するところは「だってそれが人間でしょう」の部分だと思うのですが、よく思い出せません。ハッとさせられたという覚えはあるのですが。

イシュメルガ=リィンは存在自体が悲しいです。閃4のノーマルエンドの補足というだけであれば、見たくなかったほどです。しかし1位のシーンは今後のシリーズにも深く関わっているそうです。

好きな封印石エピソード部門

封印石エピソードについては以前に記事を書きました、私のベスト3は以下のとおりです。

1位:第Ⅱ分校修学祭

2位:究極の野生飯

3位:想い出の眼差しは熱く

 

創の軌跡 追憶の石版エピソード評価感想 ランキングを作ってみた

創の軌跡考察『創まりの先へ』が示す次回作への伏線とは?

 

1位と3位を評価できたことは誇らしいですが、「究極の野生飯」が10位にも入っていないとは…

印象に残った戦闘部門

騎神戦はともかく、イシュメルガ=リィンに寄ってたかって攻撃するのはおかしいと思いました。とはいえリィンとの一騎打ちでは盛り上がりません。

創星のデミウルゴス戦でスッキリしました。

次回作にも登場してほしいキャラクター部門

好きなキャラ部門と同じ結果になることは目に見えているのに、野暮なアンケートだと思いました。

しかし「好きだから」ではなく「面白くなりそうだから」という理由で投票しているユーザーも少なくないと感じさせる結果となっています。

これは興味深いです。

ケビン・グラハムが4位につけています。

ケビンは私の好きなキャラなのですが、一般人気はそれほど高くないはずです。それだけに嬉しい!

この結果を受けて再登場するのはかなり濃厚になったと思います。この意味では有意義なアンケートでした。3Dのケビンが本当に楽しみ(にしてもいいですよね)。

スウィンも人気はないのに上位につけています。私も彼はナーディアと合わせて描写が少ないと感じていました。新興勢力である《組織》は、いずれ彼らの視点から描かれていくことでしょう。

正直なところ、再登場するキャラは少なければ少ないほど好ましいと思っています。冒頭に野暮と書いたのは、こういう思いもありました。

好きなだけに活躍しないとガッカリするというのは、私の例で言えば閃の軌跡でのアガットです。

エステルも活躍しないのに登場しましたが、当初は創の軌跡の主人公の予定でした。描く内容がほとんど無かったという理由でルーファスに変更されたのですが、それが功を奏したのは周知の通りであります。

全く出さないというのも寂しいので、難しいところではあります。私もアガットは出ないほうがマシだったとまでは決して思わないので。

ちょっと違う話になりますが、レーヴェは今でも根強い人気があります。再登場を望む声があったりするのでしょうか。しかしファルコムがそれをしないのは分別を持っていると思います。

アガットの位置づけは今のキャラでいえばクロウです。彼には活躍できる舞台を十分に練ってもらい、その時また会いたいという心境です。アガットもティータとの絡みで、まだできることはあるでしょう。

『黎の軌跡』では、魅力的な新キャラに多く出会えることを期待しています!

 

Sponsored Link

-軌跡シリーズ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.