続編あるか?『まんぷく』最終回感想

NHK朝ドラ『まんぷく』が最終回を迎えました。

まんぷくヌードルを軌道に乗せ、夫婦で慰安旅行へ出かけるというラストでした。

私としては『おんなは度胸』以来の、満足感を得られるドラマでした。

すぐに気になったのは、続編についてです。

確か『梅ちゃん先生』のあたりから、終了から3月くらい空けて、後日譚のようなスペシャルドラマをやっていたと思います。

萬平さんはまだ60歳。
モデルである安藤百福さんは97歳で亡くなっているので、まだまだこれからです。

続編を予想する

全ての朝ドラで続編が制作されているのかは知りませんが、『まんぷく』好評だったので可能性は高いと思います。
また、ネタもまだまだあります。

ドラマの放映期間中、安藤百福に関する本を色々流し読みしました。
UFO、どん兵衛などの開発に関わったのかどうかは分かりません。

おそらく違うと思います。
確かカップライスがコケて、退任していたような気がします。
まあ関わっていなくても、脚色して構わないと思いますが。

挫折のエピソードとして、カップライスはモデルとして適当だと思います。

どこをピークに持ってくるかは難しいところです。

ドラマの魅力は、挫折を乗り越えての成功と、家族や仲間との絆を描いているところだと思います。
その路線を引き継いで欲しいです。

安藤百福に関して一番詳細に分かる本は、『私の履歴書』でしょうか。

最終回感想

すばらしい最終回でした。

歩行者天国をピークに持ってきたのも英断だと思います。

年が明けてまんぷくラーメンの開発が始まってからは、ダレることもありませんでした。
それまでは少しテンポが悪いと思ったのですが。

やはり半年というのは長いです。
民放のように3ヶ月でいいと思うのですが。

最後まで鈴さんが死なないところがよかったです。

他の朝ドラは終盤になると年寄りがバタバタ死ぬものもありましたが、私は大嫌いでした。

そもそも主人公の人生を最後まで描く必要はないのです。
『まんぷく』のように「俺達の戦いはこれからだ」という感じで終わった方が爽やかです。

鈴さんは叩いても死なないようなキャラクターなので、あるいは作中では死なないのではないかと思っていました。
次週の予告で葬式のシーンが出てきた時はガッカリしましたが、なんとそれは生前葬でした。
あれはよいエピソードだったと思います。

続編ではそうは行かないのかもしれませんが、葬式シーンは不要です。

まんぷくラーメンのエピソードは、もう少し成功に浸るエピソードがあってもよかったかもしれません。
ヌードルの方はいきなり終わってしまいましたが、あれはよいと思います。

キャラクターがみんな仲良しというのもいいですね。
そしてみんないい人たちばかりです。

敵役に倍返しというのも好きなのですが、『まんぷく』は全く退屈することがありませんでした。

『まんぷく』続編、そして次回作『なつぞら』にも期待します。
NHK朝ドラ『なつぞら』広瀬すず演じるヒロインのモデルは、アニメーターの奥山玲子?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする