丸亀製麺半額の日の待ち時間はどのくらい?量、値段についても解説

毎月1日は丸亀製麺の釜揚げうどんが半額となります。

私も何年も毎月通っています。ぜひ一度行ってみることをオススメします。

丸亀製麺半額の日の各種情報をお伝えいたします。

Sponsored Link

丸亀製麺半額の日の待ち時間はどのくらい?

食事時に行くと、なぜか毎回入り口に入れるかどうかくらいの位置が最後尾になっています。

あるいはそれ以上の行列には、並ぶ気が起きない人が多いのかもしれません。私もそうです。その場合はその月の食事は見送ります。

とはいえ、人の回転は早いです。

入口辺りから並んだとしても、待ち時間は10分程度です。

長くて15分ですね。

調理を手際よくこなすのは誰もができるものでもないと思うのですが、どの店舗に行っても極端に待たされることはありません。

人の流れを止めるものがあるとすれば、釜揚げうどん以外を注文する客の存在です。

その日の半額は釜揚げうどんだけで、他のメニューは通常料金です。なぜ釜揚げうどんを頼まないのでしょう。

釜揚げうどん以外を食べたければ他の日に食べることもできます。それをあえて月に1回しかない大行列の日を選ぶ理由は何でしょう。

1ヶ月の中で一番忙しく働いている調理人に手間をかけさせ、並んでいる他の客も待たせることにもなります。長年の疑問です。

少々偏屈な書き方をしてしまいましたが、学生時代の出来事が元になっています。

友人に誘われて定食屋に行ったのですが、その時は食事時で混雑していました。

私は唐揚げ定食か何かを頼んだのですが、その時友人に「こういう時は日替わりを頼むものだよ」とたしなめられました。なるほどと思いました。

1日に丸亀製麺に行くなら、釜揚げうどんを頼みましょう。

Sponsored Link

丸亀製麺半額の日にファミリーで行っても席に座ることはできるか?

回転が早いので、席は見た目ほど余裕がないわけではありません。私は毎回一人で食べに行きますが、座れなかったことはありません。ファミリーもよく見かけますが、座って食べるだけなら問題はありません。

そういえば、テーブル席が空くまで待っていた子連れ客を見たことがあります。

それまで調理人もうどんを出さず、後続の客も待たされ続けたという、信じられないようなアホな状況でした。

テーブル席以外にも長机の席がたくさん空いているので、食べるだけなら問題はないはずです。これは店員がどうにかしないとダメだと思いました。

丸亀製麺の釜揚げうどんの量と値段は?

値段は以下のとおりです。

並140円(通常価格280円)

大190円(通常価格380円)

特240円(通常価格480円)

昔より量が減ったような気がします。以前は並1玉、大2玉、特3玉だったと思うのですが、今は並1玉、大1.5玉、特2玉という感覚です。

若い頃は特を頼み続けていたのですが、年をとったせいか特がきつくなってきました。そこである時期から大に変えたわけですが、ある時くたばり損ないのジジイが特を頼んでいるのを見ました。あんなジジイが食えるのなら、と思い、それ以降は特に戻しました。

量が減ったと感じるのはあくまで感覚的なものです。違っていたらすみません。

いずれにしても、半額は十分すぎるくらい安いです。

最近は天ぷらもいっしょに頼んでいます。天ぷらは通常料金です。うどんが安すぎて申し訳ないので、頼むようにしています。半額の日は客が多いので、揚げたてを食べられることも多くてうれしいです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする