ストリートファイター5 中キャラ一覧(独断による)

スポンサーリンク

中キャラの定義

強くもなく弱くもない、
以下の記事で挙げた以外のキャラクターとします。

ストリートファイター5 強キャラ一覧(独断による)
ストリートファイター5 弱キャラ一覧(独断による)

新キャラは評価が固まっていないので、初期のキャラクターで考えることとします。

具体的に挙げると、

レインボー・ミカ、ベガ
ユリアン、ネカリ、かりん
ララ、コーリン、ナッシュ
ケン、ダルシム、春麗

独断で、強さ順をイメージしています。

性能に関してはよく分からないので、観戦時の感想を中心に書いていきます。

スポンサーリンク

レインボー・ミカ


ふ~どの持ちキャラです。
Luffyも最近は大会上位で見るようになりました。

ふ~どがCAを外すところを、ほとんど見たことがありません。
KOで決めることがほとんどなので、彼のプレイを見るのがとても楽しいです。

間合いが広いのか、CA重視の意識配分をしているのか。

高火力の攻撃とか、無敵技の反撃というのは見かけない気がしますが、
どのあたりに強みがあるのでしょうか。

いずれ他のキャラも含めて、調べてみたいと思います。

ストリートファイター5キャラクター調査 レインボー・ミカ編

ベガ


大会上位ではあまり見かけませんが、
EVO2018でProblem Xが優勝したことが記憶に新しいです。

ときどの持ちキャラ豪鬼には相性が悪いと認めながらも、
あまり使われないので、対策が進んでいないと考えて使ったという談話が印象的でした。

ユリアン

鏡を上手く使った攻撃が見せ場だと思います。
あとタックルが強そう。

ネモが最近成績不振のようですが、大きな弱体化でもあったのでしょうか。
ときどがEVO2017で優勝する前頃までは、
彼とふ~どが国内ツートップという感じだったと思うのですが。

どぐらもユリアン使いです。
アマだった頃のtrashboxに逆転勝ちした時に、
やっぱりプロは強いんだなと思ったことがありました。

ネカリ

まちゃぼーがスト5に転向してきた時に、いきなり上位につけてきたことを覚えています。

かりん

私が格ゲー観戦を始めた頃は、Punkのかりんが席巻していました。
当時のキャラ性能はどうだったのでしょうか。

今ではかなり弱いという評価のようですが、
スピードのあるキャラは見ていて楽しいので、
大会でもっと登場して欲しいです。

Sponsored Link

ララ

国内強豪では全く見かけませんが、海外ではかなり人気があるそうです。

コーリン

ももちがケンから乗り換えました。
どう違うのかよく分からないのですが、
やはりキャラの特徴をある程度知っておいたほうが、観戦を楽しめると思います。

ナッシュ

ボンちゃんがサガット、かりんと様々に使い分けていますが、
あまり強くないキャラばかりなのが不思議です。

ケン


派手な演出が楽しいです。

ダルシム

過去シリーズでダルシムが弱いことはなかったと、どこかで読んだ覚えがありますが、
さすがにスト5では弱いということでしょうか。

あまり見かけません。
メナトと機能が被っている印象ですが、そのせいでしょうか。

以前のイメージでは、遠距離を維持して、伸びる手足でチクチク行くキャラでした。
しかしスト5を観戦していると、テレポートで翻弄しながら、近距離で高火力を生かすという印象です。

オンライン対戦で格上のダルシムに当たると、何もさせてもらえないことがあります。

ダルシムを使いこなせる人に、憧れのようなものがあります。
大会でダルシムが出ると、つい応援してしまいます。

春麗


中キャラの中でも、かなり弱いと思われているようです。
MOVが好成績を上げると、「春麗でここまで勝てるのはすごい」みたいなことを必ず言われているような気がします。

当然本人は強いと思って使っているはずです。
将棋の加藤一二三の、棒銀戦法のようなものなのでしょう。

そういえば、eスポーツマガジンの新刊はどうなっているのでしょう。
これでMOVの記事を読んで、彼のプレイに注目するようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする