漫画・アニメ

わたしの幸せな結婚12話ネタバレ&感想 癒えない心の傷を夫婦の絆で乗り越えろ

Sponsored Link

わたしの幸せな結婚12話ネタバレ お礼の宴

初めてのデエトの時の着物が届きました。

旦那さまにあれこれ買ってもらって、美世はとても喜んでいます。

中でも着物は、母の形見によく似ていました。そしてそれを着て鏡に映る自分が、母に似ているようにも感じました。

美世は宴の準備を始めます。

彼女に招かれた五道は、旦那さまと同じ車で久堂家へ向かっていました。

旦那さまは気が気ではない内容ですが、美世が自分から他人に会いたがることを喜ばしい変化と感じています。

話は変わって、二人は最近の異形に対抗する異能者の能力低下を懸念していました。

美世は久堂家に到着した五道と旦那さまを出迎えました。

・血色の良くなった薄紅の頬
・きちんと梳かされた濡れ羽色の髪
・以前のように不摂生を感じさせない袖から覗く手首

執拗とも思えるレトリックを駆使し、旦那さまはまじまじと美世を観察していました。

「旦那さま?どうかなさいましたか?」

「いや…綺麗だな よく似合っている」

思わず顔を赤くする二人。

手料理を満喫する五道に、美世は酌をしつつ、花の件のお礼を伝えました。

宴が終わり、旦那さまは風呂からあがりましたが、家がやけに静かなです。

美世は机に伏して寝ていましたが、彼はそこに異能が使われた気配を感じました。

美世は悪夢に苛まれていて、目覚めた途端泣き始めてしまいました。

彼女の心の傷の深さを改めて感じた旦那さまは、もっと自分を頼ってほしい、感情をさらけ出してほしいと伝えました。

一方で、感じた異能の気配にも思いを至らせます。

悪夢の原因が異能であるならば、

その異能の持ち主は美世の母の実家

薄刃家の者以外考えられない

わたしの幸せな結婚12話感想 実家から美世に迫る悪意?

ガンガンオンライン初アクセスです。

漫画1巻も買いました。

わたしの幸せな結婚の漫画は全何巻?原作小説についても調べた

 

小説にも興味が出てきましたが、このボリュームで週1回更新なら十分満足とも感じます。

今後いっそうのめり込んで先の話が気になるようであれば、小説の購入も考えるつもりです。

面白いことは面白いのですが、小説原作の漫画は読み慣れていなくて、動きの乏しさを感じます。

異形と異能者のバトルに展開していきそうではありますが。

漫画1巻は7話までで、間の8~11話が未読となっています。早く2巻を読みたいですが、あと1話分くらいあれば刊行されるでしょう。

斎森家では虐げられていた美世ですが、悪夢を見せる異能を使ったのは彼女の実家の者のようです。

先が気になりますね。やはり小説版も読んでみましょうか。

わたしの幸せな結婚 (富士見L文庫) [ 顎木 あくみ ]

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.