「七つの会議」映画化 予告動画、キャスト、試写会情報まとめ

映画「七つの会議」公開日は2019年2月1日(金)

「下町ロケット」「半沢直樹」等で、今一番の売れっ子作家、
池井戸潤原作の「七つの会議」が来年公開されます。

今年の「空飛ぶタイヤ」は見に行きました。
「七つの会議」も見に行くつもりです。

「七つの会議」のあらすじを調べてみました

舞台は中堅電機メーカー・東京建電。

主人公は通称「居眠りハッカク」の万年係長、八角民生(やすみたみお)。
入社当時は敏腕営業マンだったらしいですが…

八角は年下の上司、坂戸宣彦をパワハラで訴えます。

社内の絶対権力者、営業部長・北川誠からの信頼も厚かった坂戸でしたが、
パワハラ委員会の裁定、役員会に下された人事によって更迭されます。

そして後任に就いたのが、平凡を絵に描いたような男、
名前通り万年二番手だった、原島万二でした。

一体、八角と坂戸の間に何があったのか。
そして知られざる秘密とは?

こんな感じでしたが、かなりもったいぶった設定です。
「空飛ぶタイヤ」と同じく、企業不祥事をテーマにしているようです。

原作小説 文庫版


原作小説は、七つの連作短編に、
単行本化の際に加えられたもう一本という構成になっています。

これが「七つの会議」というタイトルの由来となっているのでしょう。

テレビドラマ版「七つの会議」

過去に一度テレビドラマ化されていました。

原作の第1話「居眠り八角」の主人公は、映画と同じく八角民生となっています。
映画の原作が、小説の第一話からのみなのかは分かりません。

しかし原作小説は、原島万二の視点で描かれているようです。

そしてテレビドラマ版の主人公も、原島です。

演じるのは東山紀之。全4話。

2013年の作品ですが、今は見る手段が無いようです。
映画を待てばよいのでしょうが、「空飛ぶタイヤ」のテレビドラマ版が、
映画を見ていても見る価値があるものだと感じたので、
こちらも少し気になりました。

スポンサーリンク

映画キャスト

八角民夫 – 野村萬斎

俳優としても活躍している大物狂言師ですが、作品を見るのは初めてかもしれません。

北川誠 – 香川照之

半沢直樹でも同じような役回りでしたね。
本作でもやられそうな気がします。

原島万二 – 及川光博

テレビドラマ、原作小説では主人公のようですが、やはり少しおとなしい感じです。
視聴者視点のキャラクター設定だと思われます。
映画では八角が大暴れするのでしょう。

坂戸宣彦 – 片岡愛之助

半沢直樹といい、NHK朝ドラのまんぷくといい、
ひねった役柄が多いと思います。
八角をネチネチといびって、倍返しされるのでしょう。

しかし予告編を見た限りでは、一中堅企業の内輪もめで収まる話ではなさそうです。

他のキャストの役どころも見てみます。

奈倉翔平(小泉孝太郎)

東京建電・商品開発部員。

意外とダークな役どころが多い気がします。
「下町ロケット」での役も良かったと思いますが、
今回もそのような感じになるのでしょうか。

梨田元就(鹿賀丈史)

東京建電の親会社、ゼノックスの常務。
過去に東京建電に在籍し、八角と北川の上司でした。
古巣にゼノックス製の型落ち商品を押し付けます。

相棒の映画に出ていたと思いますが、久しぶりに見ました。

宮野和広(橋爪功)

東京建電の社長。

橋爪功も以前はテレビでよく見ていましたが、久しぶりのような気がします。
今回は悪役かな?

徳山郁夫(北大路欣也)

ゼノックス社長。

さて、どういう役回りとなるのでしょう。
悪役は似合いませんが、半沢直樹では何も悪くなかった半沢を左遷していました。
今作では、蔓延していた悪事には気づかなかった、という感じでしょうか。

スポンサーリンク

予告編の感想

とても面白そうに作っています。
絶対に見に行くつもりです。

八角がグータラ社員になったのは、北川や梨田の不正を見て絶望したから、
という感じですね。

パワハラを告発したのも、私怨からというばかりではなさそうです。
何か策を巡らせているのでしょうか。

予想を超えるどんでん返しがありそうで、大いに期待しています。

試写会情報

あちこちで募集しています。

http://info.toho.co.jp/nanakai_ks/top.html

日時 2019年1月16日(水)18:00開場/18:30開演

会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内

応募締切 1月7日(月) 正午

https://www.cinemacafe.net/article/2018/12/20/59557.html

日時:1月23日(水)18:00開場/18:30開映

場所:よみうりホール

〆切り:1月10日(木)

http://www.1242.com/nanakai/

東京会場 

会場 TOHOシネマズ日比谷
日程 2019年1月22日(火)
応募締切 1月7日(月)

名古屋会場

日程 2019年1月23日(水)
会場 ミッドランドスクエア シネマ
応募締切 1月7日(月)

http://cinema.pia.co.jp/topics/9939

試写日 2019/01/25 (金)

試写会場 大阪商工会議所 国際会議ホール(大阪市中央区本町橋2番8号)

締切日 2019/01/15 (火)

https://eigaland.com/topics/?p=92721

開催日:2019.1.23(水)18:00開場/18:30開映

開催場所:よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F)

【応募締切】2019.1.2(水)正午まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする