北方領土問題交渉のニュースを、私の考えも含めて分かりやすくまとめてみました

日ソ共同宣言を基礎に今後の交渉を進めるとした、今回の合意とは

日ソ共同宣言とは、1956年(昭和31年)に交わされた外交文書(条約)です。
これによりソ連との国交が回復しました。

今回問題になっているのは、
平和条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を返還する、
と宣言で目指していたということです。

戦後処理でやむなくということだったのかもしれませんが、
昔から頑なに四島一括返還にこだわっていたので、
このような話は知りませんでした。

今回ニュースとなったのは、宣言に基づいて交渉することと、
これに関して安倍首相が、これまでの方針と矛盾しないと説明したことです。

少しややこしいので、整理してみました。

スポンサーリンク

安倍首相の説明について

最近プーチン大統領が、領土問題は後回しにして、
先に平和条約を結びたいと発言したというニュースがありました。

これに対して日本は応じませんでした。

私は四島の返還が決まってから、平和条約を結ぶ方針だと思っていました。

今回のまず2島の返還を前提に交渉を進めるという合意ですが、
日ソ共同宣言においては、先に平和条約を締結することが前提となっています。

そして条約締結に際しては、日本は四島の帰属について確認することを条件としています。

返還では無かったのですね。
そもそも領土問題の存在を認めさせることすら大変だったようで、
それも比較的最近のことだったようです。

四島一括返還後に条約締結というのは、政府の方針ではなく一部の世論に過ぎなかったようです。

まず四島の日本への帰属を認めさせて、返還についてはそれから交渉していく。
そういうことであれば、安倍首相の説明も理解できました。

ロシア、日本の思惑について

まずロシア。

平和条約を締結して、日本から北方領土への投資をさせたい、
カネを引き出したいと考えているようです。
交渉に応じているのも、それが理由でしょう。

二島返還すら素直に行うつもりはなく、返還と主権は別物などと言い出しているようです。
主権のないそれって、返還と言えるのでしょうか。

少し前に日本の経済協力を取り付けたというようなニュースがありましたが、
実際は日本の投資は全く進んでいないようでした。
まあ、当然ですが。

それにしびれをきらせて、今交渉に応じているというのが実態のようです。

しかし主権すら渡したくないと考えているようでは、
やらずぶったくりを今でも狙っているということでしょう。

国益の最大限の拡大を目指すのが外交とはいえ、えげつない。
それではさすがに日本も応じないはずです。

次に日本。

今回交渉しているのは、プーチン大統領が現在、ロシア国内で力を持っているからです。
安倍首相とウマがあうという話も聞きます。

ロシアの世論は一島たりとも渡すなという感じのようです。
そこへプーチンが日ソ共同宣言の約束があると抑えをきかせて、
日本との交渉に応じているわけです。

もちろん、先に書いたような思惑から点数稼ぎをしたいということなのでしょうが。

それでも日本としてはロシアの政権基盤の強いうちでなくては、
今後交渉ができなくなるおそれもあります。

今後の交渉の行方はどうなるか

以前何かで読んだロシア人の主張として、

帰属というものは時代に応じて変遷するものだ

というものがありました。

「盗人にも三分の理」の典型という感じもしますが、
妙に納得させられそうな言い分です。

四島は日本のものだという言い分がいかに正当であっても、
それを認めさせることは無理でしょう。

それには戦争するしかありません。

昔のNHKの朝ドラ『おしん』で、おしんの夫は農民開放のための活動をしていました。
なかなか進まなかったものが戦争が終わり、アメリカによって農地開放がなされました。
大きく進む改革に、おしんの夫はあっけないものだと言っていました。

戦争ができないのであれば、粘り強く進めるしかありません。

今回の交渉がもし進展するのであれば、

主権をともなう歯舞色丹2島の返還

その代償に、多額な金額をつぎ込むことになるでしょう。

ここが日本にとって譲れないラインとなると思われます。

ここからどれだけ国益を勝ち取っていくかという交渉となるでしょう。

北方領土返還 ロシア世論で賛成が増加!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする