北方領土返還 ロシア世論で賛成が増加!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

驚きました。

ロシアの世論調査で、北方領土の島のいくつかを引き渡すことに、
17%が「支持する」と回答したそうです。

日本にくっついている島ぐらいは返してあげようとか、
不法に奪い取った後ろめたさからではないでしょう。

金目でしょ、としか思えません。

2016年の調査から、今回は10ポイントも増えています。
その間に何があったのか。

ウクライナのクリミア半島を武力で併合したことで、各国から経済制裁を受けています。

よほど効いているということでしょうか。

それにしても実効支配している領土を、戦争に負けたわけでもないのに他国へ引き渡すという話は、他に聞いたことがありません。

今のロシアはどうなっているのでしょうか。

ロシア世論調査の内訳

今回の調査で賛成は大きく増えましたが、反対は前回78%、今回74%と、
依然として7割を超えています。

それが普通だと思います。
いや、普通と言うなら9割超えという気もします。

一方、北方領土関連のニュースに関して「注視している」という回答は19%。
「聞いたことはあるが詳しくない」が49%、「初めて聞いた」は31%となっています。

日本では「初めて聞いた」が3割ということはあり得ないはずです。(多分…)
しかしロシアでは、この問題はほとんど関心を持たれていないようです。

領土を返すべきかと聞かれたら反対するのは当然です。
しかしそれで関心を持っているのかとなると、それは別の話ということなのでしょう。

プーチンがこの問題に前向きな姿勢を見せているのも、
返還することになっても大きな批判は受けないと考えているのかもしれません。

日本の今後の対応はどうなるのか

プーチンは2島の主権の帰属から交渉するというようなことを言っていたようですが、
さすがにそのような話に日本は応じないでしょう。

北方領土問題交渉のニュースを、私の考えも含めて分かりやすくまとめてみました

この記事は、当日やっていたTV番組を見て書いたものです。

鈴木宗男が、こう言っていました。

日本のラインは2島プラスα、
それをどれだけ日本がとれるかという交渉になる

無難ではありますが、そういうことになるでしょう。

ただ私が子供の頃は、四島一括返還の主張が一般的でした。
2島で妥協したら、残りの島はもう戻って来ないとも言われていたと思います。

ただ現状では、評論家が言っているだけではなく、政府もその方針で進めざるを得ないという気もします。

プーチン政権が健在である今を逃して、今後交渉の機会が持てるのか、という問題もあります。

現在の日本の世論も気になります。

北方領土問題 日本の世論は?

ソ連、ロシアが不法に占拠してきたことは明らかでありますが、
戦争もしないで正論を通すことができるものなのでしょうか。

私ももっと勉強して、この問題の推移を見ていきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする