芸能人

若井おさむがガンダム芸人になった理由を知りたい!経歴を調べてみた

ガンダム主人公・アムロのものまねで知られていたという若井おさむさんですが、私は今まで存じ上げませんでした。

知ったのは、このたび幼少期の体験を告白し、そのことがヤフーニュースで報じられたからです。

世代でありながらガンダムは一度も見たことがないのですが、ガンダムの名言迷言はいくつかは聞いています。中でも「親父にも…」は筆頭格でしょう。

共感どころか、フラッシュバックモノのトラウマのはずです。思ったのですが、

なぜよりによってアムロのものまねで売り出そうと考えたのでしょう?

まずいくつか考えられることを予想してみましょうか。

Sponsored Link

若井おさむがガンダム芸人になった理由を予想する

彼に関する情報をざっと流し読みしてから、いくつか考えてみました。

若井おさむがガンダムが好きだったから

彼は昭和48年生まれで現在47歳。世代的にはファーストガンダムにぴったりです。

私の年齢も彼と近いのでそこから比較すると、ガンダムの人気が爆発したのは彼が小学校に入学する頃のはずです。

私はコンバトラーVの再放送やボルテスVを見ていました。各話の最後にきっちり敵が負けて爆発するので、分かりやすかったんですね。

ガンダムは誰が敵なのかすらよく分かりませんでした。あのシャアというヤツなのでしょうが、負けるどころか戦ったところすら見たことがありません。

芝居がかったセリフも、当時の私にとってはちょっとアダルトに感じられてとっつきにくかったです。

しかし学校のクラスで話題沸騰だったことはよく覚えています。おさむ少年も当然大きく影響を受けたことでしょう。

若井おさむがアムロが好きだったから

主人公ではありますが、子供にウケのよいキャラクターには見えないんですがね…

親父にぶたれた云々も、結局お坊ちゃん育ちということでしょう?

そういえばかわいいタイプのヒロインとキレイタイプのヒロインの間でフラフラしていましたよね。

アニメは見ていなかったのですが、ベーマガに掲載されていたゲームの記事を読んで知りました。

お坊ちゃん育ちで優柔不断、見てもいないのに申し訳ありませんが、どこがいいのかと思います。

そういえばエヴァンゲリオンのシンジくんとそっくりです。

こちらも、それこそガンダムと同じ理由で、ほとんど見たことはないのですが。シンジ君も悪いヤツではないのでしょうが、魅力があるかといえば正直疑問です。

しかしアムロは(一応)主人公なのですから、おさむ少年がアムロが好きだったという可能性はありますね。

若井おさむがキャスト声優の古谷徹のファンだったから

これはあるかもしれません。私も好きですから。

古谷徹が好きというより、ペガサス星矢が好きだったんですね。

今でもコナンの安室?…これもアムロか、という人気キャラクターを演じて第一線です。

すごいですねえ。ドラゴンボールで咬ませの脇役を演じていたのは何だったのかと思います。売れっ子とはいえ、山あり谷ありということなのでしょう。

ガンダムの知名度が高かったから

これが一番の理由ではないでしょうか。芸人も売れなくては食っていけませんから。

ましてものまねという、いわばぶら下がりで売り出すからには、ファンの母数が多いものを選択する必要があります。

若井おさむがアムロ(古谷徹)の声をまねしやすかったから

それに加えて、ファンの母数の多さという点では、古谷徹も共通していることを確認しておきます。

ガンダムのいくら人気が高いとはいえ、当時のアムロを別の声優が演じていたとしたら、おさむさんはガンダム芸人の道を選択したでしょうか。

いずれにしても古谷さんが第一線で活躍中という効果は、今の活動に大いにプラスに働いていると思います。素直にコナンキャラのものまねをしてもよさそうなものですがね、

次は経歴を見て、そこからガンダム芸人への道を探っていきましょう。

若井おさむのプロフィール

若井 おさむ

本名 若井 修

生年月日 1973年1月9日(47歳)
出身地 京都府京都市
身長 174cm
コンビ名 はちみつメロン(2003年解散)
事務所 吉本興業
活動時期 2003年(ピン芸人として)-
配偶者 独身(離婚歴有り)

Sponsored Link

-芸能人
-,

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.