新元号「令和」発表 予想された「安」が使われなかった理由を考察

スポンサーリンク

新元号「令和」が発表されました。

なかなか良いのではないでしょうか。

「安」は候補に挙がらず

なお事前の予想で「永」などと並んで上位に上げられていた「安」が、6つの候補において一つも使われなかったことが報じられました。
ことさらニュースにすることもないと思うのですが、その理由を考えてみました。

安倍晋三首相の名前に使われているからです。

間違いないでしょう。

「安」の字を使うと、権力者におもねった、今風に言えば「忖度した」という批判が、必ず出てきたはずです。
それを事前に避けたのでしょう。
新元号を誰でも気持ちよく使えるように配慮したと考えられます。

もっともそんな理由で批判する向きは、元号自体を嫌っている者も多いのでしょうが。

候補になかったことを報じておいて、その理由に触れないのは不自然だと思いました。
しかしそれは考案者に聞かなければ分からないというだけのことです。
各人がおそらく同じ理由で「安」の字を回避したのでしょう。

おそらく身構えていた連中が「安」を狙い撃ちして質問したのではないでしょうか。
「安」が使われなくてよかったですね。

令和について

「令和」の発表時にまず感じたことは、言葉の響きがよいことです。

一方「平成」発表時は、しっくり来ないものを感じたことを覚えています。

今さらその理由を考えたのですが、長音、無声音が続くからだと思います。
また平の字が左右対称で、書く時バランスに気を使うのが少し煩わしいと感じました。
また音の響きもしまりがない感じがしました。

「令和」はいずれも該当しません。
とりあえず第一印象は申し分ありません。

意味や由来については、これから勉強していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする