ストリートファイター5シーズン4強キャラ プロの見解 適当まとめ

スポンサーリンク

動画を色々見ていたので、それらを適当にまとめます。

今回は微調整にとどまり、バランスがよくなったと思われます。

スポンサーリンク

ときど

持ちキャラの豪鬼は、同じように使えるとのことです。

モチベーションへの言及がありました。
あまりにも長期にわたって変更が無いので、飽きを感じるとでも言いたげでした。

しかしそれでは優勝は狙えないとのことでした。
強キャラには違いないので贅沢な悩みとも言えますが、現実的な問題ではあるのでしょう。

将棋で例えれば、穴熊ばかり指すようなものでしょうか。
プロも穴熊ばかり指します。

ときども言っていましたが、仕事である以上勝たなければいけません。
しかし強いけどつまらない、飽きるということはあるでしょう。

強いキャラを使うのとモチベーションを保つことが両立できないのであれば、理論的に性能が劣っていても好きなキャラを選ぶという選択もあるでしょう。

以前ボンちゃんが「使用キャラを、強いだけでは選んでいない」みたいなコメントをしていたと思います。

ときどは今回の調整で、サガット、かりんは強くなったと言っていました。
ボンちゃんの飛躍があるかもしれません。

あとザンギエフ。
しばらく見ませんでしたが、また戻ってくるでしょう。

モチベーションという点では、リュウ、是空がよいとのことでした。
これはウメハラと共通しています。

リュウは得意キャラ苦手キャラが豪鬼と共通しているので、使うことはないと言っていました。
豪鬼は登場時からリュウの上位互換と言われていたようですが、ここへ来てもその点は変わっていないようです。

シーズン1ではリュウを使っていたようですが、私はその頃は観戦をしていませんでした。
大会では豪鬼しか見たことがありません。

しかし色々試してはいるようです。
ダルシム、ベガなど。
先日はファンを使っているところを見ました。

しかしそれはキャラ対策か気分転換なのでしょう。

今後の大会で使うことはないのでしょうね。
お仕事ですから・・・

ときど使用のアケコン

ハイタニ

彼も豪鬼続投のようです。

調整の幅が全キャラにおいて小さいので、キャラ替えをする人は少ないだろうとのことでした。

キャミィ、ガイルは可能性があるそうです。

ウメハラの是空の動画を最近よく見ますが、あれはおそらくサブキャラ止まりで、ガイルは今後も使うのでしょう。
キャミィ使いは多いので、替える人も出てくるかもしれません。

ベガがかなりの高評価です。

EVOで優勝しましたが、今回の調整で強化も受けたようです。

ザンギエフはここでも言及されました。
強くなっていることは間違いないでしょう。
ベガに相性が良く、他の上位キャラとも十分戦えるそうです。

ケンがまた弱くなりました。
一般プレイヤーにおいてはリュウケンの使用率が高いので、そのあたりを考慮した調整だと思います。

しかしケンは弱くなる一方です。
ますます大会では見る機会が減ることになるでしょう。

アレックスを誰も使わない理由が、今頃分かりました。

弱いことは弱いのですが、要は操作が簡単で、戦術もまくり狙いとなっています。
その点がプロに敬遠されているのだと理解しました。

こういうキャラは弱くなければいけません。
しかし初心者が楽しむためということであれば、存在価値はあるのでしょう。

ボンちゃん

ナッシュは封印するようです。

ベガはここでも高評価でした。

ももち

リュウは真ん中あたりの強さだそうです。
今までは弱すぎて使う人がほとんどいない状態でしたので、強化されたのはよいことです。

かと言って上位に来てはリュウだらけになってしまうでしょうから、現在の位置も適切だと思います。

以前からかもしれませんが、柔道を全キャラ一律になくしてしまっているようです。
弱いキャラには認めてもよいのではないかとのことでしたが、同感です。

プレイヤーがキャラの強さを平等にしろと言うのは、個性のバランスを取れという意味で、同じ性能にしろという話ではありません。

自分はそう理解していました。
全キャラに3F技を持たせろとか、起き攻めをさせろという話が出ているのでしょうか。

弱キャラの柔道は個性ということでいいと思います。
無くすなら無くすで、代替の長所を用意するべきでしょう。

強キャラと考えているのはバーディー。

サブキャラを持つことをすすめていて、バーディーが苦手とするキャラに有利なキャラを選びます。
ラシード、ベガ、いぶき、ファンが該当するとのことです。

合理的な考えですが、自身はなぜか実行していません。

まずバーディーを使っていません。
そして大会で使っているケン、コーリン、是空は全員メインのつもりで、苦手なキャラが共通しているそうです。

謎です。

リュウが苦手としているキャラというのは気になっていたのですが、バーディー、ザンギエフでした。
強いのかもしれませんが使う人が少ないので、リュウがもっと増えてもいいでしょう。

ジュリが好きということなら、使って欲しいです。
私の使用キャラなので。

スポンサーリンク

ネモ

ユリアンからコーリンに転向しました。

ユリアンの強化がなかったので、これ以上使い続けてよいものかということでした。

色々使ってみてコーリンが楽しかったようです。
私が使っているジュリも候補に上がったそうです。残念。

強キャラと考えているのは、ラシード、いぶき、豪鬼です。
バーディーは豪鬼に厳しかもと。

ふ~ど

強キャラと考えているのはバーディー。

以前からサブで使いたがっているようでしたが、大会で見ることはあまりありませんでした。

バーディーの良さは、上位キャラに相性がよく、相性の悪いキャラは下位にいるところです。
つまり試合では相性のよいキャラに当たりやすく、悪いキャラには当たりにくいということです。

その観点で見れば、いぶきは厳しいそうです。

ウメハラ

最近是空を使っているのは、ガイルが弱体化を受けたからだと思っていました。
あるいはガイルと相性が悪い相手にぶつけるサブキャラの開発なのであろうと。

しかしどのキャラ相手でもガイルの方がよいと考えていました。
弱体化についても、それほど深刻ではなさそうでした。

それではなぜ是空を使うのか。

どうやらときどの言っていた、モチベーションの問題のようでした。

ガイルはやり込みがほぼ行き着くところまで行ったという状況のようです。
これは飽きたというのとは、また違うでしょう。

是空の可能性をどれほど感じているのか分かりませんでした。
それくらいなら別のキャラを使ってもよいと思いました。

リュウは考えたそうですが、明らかに苦手なキャラに可能性を全く感じていないようで、とても使えないそうです。

調整自体は高く評価していて、ここまでやって不満が出るなら、問題はリュウ以外のキャラにあるということになりそうです。

弾抜けの強いキャラには批判的でした。
飛びを通されるリスクが高いので、それで十分ではないかと。

もう少しリュウを強くすることも考えられ、それはときども言っていました。

是空のことは、リュウほど得意キャラに手堅く勝てるわけでもないと聞きました。
弱いということなのでしょうが、手堅く勝てたらゲームとしてはまずいわけで、その点では是空はいいキャラだと思いました。

強キャラと考えているのは、バーディー、ベガ、ラシード、ガイル、いぶき、ザンギエフ、かりん、豪鬼、メナト。
順不同ですが、かりん以下は少し落ちるという感じでした。

一般の評価と比べるとガイルの評価が高く、豪鬼の評価が低かったです。
特に豪鬼は調整でかなり弱くなったと見ていました。

スポンサーリンク

まとめ

ゲームがどんどん洗練されて行っていると感じました。

また、大会では使えないキャラにも存在意義はあると分かって、視野が広がりました。
使って楽しいだけのキャラがいてもいいはずです。

サブキャラの使用がもっと広まって欲しいと思いました。

不利を補うというメリットもありますが、1キャラのやり込みに注力できないというデメリットもあります。

しかしこのゲームもしばらくたつので、ウメハラのガイルのように、1キャラのやり込みが行き着いたというケースも出てくるでしょう。
それならばサブキャラを持つことは、メリットの方が大きいと思われます。

観戦する側にとっても、多彩なキャラを見たいです。

希望としては、ときどのダルシム。
あと誰でもよいので、私の持ちキャラのジュリを大会で使って下さい。
応援します。
ももちやネモは脈がありそうでしたが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする