白い巨塔(岡田准一主演)の放送日はいつか予想する(自信あり)

山崎豊子の『白い巨塔』が、放送されることが発表されました。

いつの放送かについては、「今年」としか明らかにされていません。
しかし、これはかなり分かりやすいです。

この時期に発表する時点で半年は空かないと思い、ピンときました。
そして「5夜連続放送」という時点で確信しました。

放送日はゴールデンウイーク(5月頃)と予想します。

平日に毎日放送しても、何かと忙しい庶民は見逃してしまうでしょうから。
「5夜連続」というのが異例の形態だと思うのですが、今年のゴールデンウイークは10連休とも言われています。
この時期なら、じっくり見ることができるでしょう。

この予想はかなり自信があります。

外したとしたら、視聴率はひどいことになる可能性があります。
今からでも私の予想に合わせて変更することをおすすめします(笑)

スポンサーリンク

白い巨塔とは

山崎豊子の最高傑作。
今までに何度も映像化されている医療ドラマです。

主人公は財前五郎。上昇志向の強い男です。

手術で患者を死なせてしまい遺族から訴えられるのですが、本人は最善は尽くしたと主張しミスを認めようとはしません。
また本人もそう信じています。

原作小説を読んだことはないのですが、裁判は財前の勝利で終わっています。
作品のテーマが、財前の主張の正当性だったのかもしれません。

しかし読者には不評だったようです。
彼の主張が開き直りと受け取られたのかもしれません。

山崎は続編の執筆を、「小説的生命」と「社会的責任」を秤にかけた、というようなコメントをしています。
作品は正編で完結しているのです。
財前が勝って終わるというのは、それほどまでに許されないことだったのでしょうか。

反響を受けて続編が発表されるのですが、その中で財前は死んでしまいます。
しかし彼は信念を曲げることはありませんでした。

著者にとっては不本意な作品だったのでしょうが、これはこれで面白かったです。

私は財前の考えにも一理あると思いました。
原作小説に触れてみるのも面白いかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白い巨塔(第1巻) (新潮文庫) [ 山崎豊子 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2019/1/29時点)

スポンサーリンク

過去の映像化作品について

過去に6回映像化されています。
田宮二郎版があまりにも有名ですが、私が見たのは唐沢寿明版でした。

唐沢版はすばらしかったです。
2003年の作品ですが、あれからもうそんなにたったのですね。
唐沢の熱演が今でも強く印象に残っています。

財前の友人、里見は江口洋介が演じていました。
里見というのは、きれい事ばかりで共感できないキャラクターでした。

そういえば最近知ったアニメキャラとよく似ています(笑)

コードギアスキャラの枢木スザクがうざい理由とは

江口洋介だったら財前の方が向いているという気もしたのですが、ソツがない演技だったという印象です。

遺族の弁当屋の親子もあまり共感できなかったという印象です。
かたせ梨乃だったのですが、チョイ役だったので意外に感じました。

ちなみに東教授は石坂浩二が演じていました。

名高い田宮二郎版は子供の頃ビデオで見たのですが、実はあまり印象に残っていません。
子供には理解できなかったのかもしれません。

財前が裁判に勝ったところで終わっていました。
調べてみたところ、これはテレビ版ではなく映画版のようです。
話題になったのはテレビ版の方なのでしょう。

映画版も大人になった今見れば、きっと印象は違うはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白い巨塔 [ 田宮二郎 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2019/1/29時点)

佐藤慶版もありました。
田宮主演の映画の翌年に発表されています。
初めて知りました。

佐藤は時代劇ではよく見かけました。
悪役が多かったと思います。

『子連れ狼』の柳生烈道や、『新・必殺仕置人』の辰蔵はよく覚えています。

私の好きな時代劇テレビドラマ一覧

財前はダークヒーローのイメージなので、結構合っているのではないでしょうか。

村上弘明版もありました。
仕事人や仮面ライダーのイメージがありますが、どんな財前だったのでしょう。
1990年の作品とのことですが、当時の村上だと財前にしてはかなり若いという気もします。

スポンサーリンク

キャストについて

今回は岡田准一が財前を演じます。

まず思ったのが、合っていないのではないかということです。

岡田の作品で知っているのは『永遠のゼロ』と『軍師官兵衛』です。
しかし財前には負のイメージもあるので、これはどうなのかと思ったわけです。

しかし公式サイトを見てみると、なかなかの風貌だと思いました。
これならいけるかもしれません。

松山ケンイチにも驚きました。
むしろこちらの方が財前向きというイメージがありました。
『デスノート』や『銭ゲバ』に出ていたので。

しかしこれなら、きれい事ばかりの里見という感じがよく出ていると思います。

そういえば、『聖の青春』では善人役で主演していました。
作品に応じた演じ分けがすごいです。
まるで別人のようです。

そういえば最近松坂桃李主演の『不能犯』をビデオで見たのですが、あれも松坂には見えませんでした。

岡田准一の財前にも期待しましょう。

ちなみに東教授は寺尾聰が演じています。

漫画版『白い巨塔』について

白い巨塔 | コミックバンチweb

調べていて見つけました。
なかなかいい感じだと思います。
まだ始まったばかりで、これにも期待しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする