下町ロケット 話題の気になるキャスト

話題になっていたり、気になるキャストについて書いてみます。

イモトアヤコ

ベンチャー企業ギアゴーストの副社長にして、天才エンジニア
島津裕を演じています。

どうということのない演技と感じていたので、
なぜ話題になっているのかと思いました。

私はイモトアヤコを全く知らなかったので調べてみたのですが、
お笑いタレントでした。

ぶっとい付け眉毛がゆかいです。
この風貌とのギャップが大きいシリアスな演技が受けているのですね。
なるほどという感じです。

佃社長が15億の出資を申し出た時に、
彼女が涙を流していたシーンにはグッときました。

これからも楽しみです。

土屋太鳳

芸能界に詳しくない私でも、よく見かけるので知ってます。
NHKの朝ドラで主演していましたし、
何かの映画を見に行った時、予告編で見た別の映画では主演で出ていました。

同性から嫌われている女優ナンバーワンという話を聞きました。

第2回の視聴率が落ちたのは彼女のせいではないか、
という記事を読んだこともあります。

このことに少し驚いたわけですが、
仕事が多いから妬まれている、くらいにしか思えません。

最近見ませんが、武井咲や剛力彩芽も仕事が多かった時期は、
同性に嫌われているという記事を見た気がします。

下町ロケットにおける土屋の位置は、
はっきり言ってチョイ役だと思います。
叩くのはかわいそうです。

佃の会社に入らず帝国重工へ行ったことに、いまだに違和感があります。
前作も一応見ていたはずですが、見返したほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

徳重聡

佃製作所の技術者役です。

石原裕次郎の後継者オーディションみたいなので選ばれてデビューしたのは、
かなり昔のことだったと思います。
その後、相棒の悪役で見たことがあります。

あまり話題を聞きませんでしたが、
このたびの下町ロケットでの怪演が話題になっているようです。

中尾彬

第3話からの追加キャストで、企業の会長役を演じるそうです。
2話で視聴率を落としたことでのテコ入れでしょうか。

しかしそもそも初回13.9%なら好発進のはずで、
2回目で12.4に落としたからといって、
誤差の範囲とまでは言いませんが、
一桁目前などとは言いすぎだと思います。

阿部寛

最後に主役の阿部寛について。

今日前作の再放送をやっていたのですが、
小泉孝太郎とやり合うシーンには、胸が熱くなりました。

昔友人にすすめられて、阿部と岡田准一が主演の登山家のドラマを見たことがあるのですが、
クライマックスシーンが少しトラウマになっています(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする