ショーケンの死因はGIST(ジスト) 10万人に1人の難病

ショーケンこと萩原健一さんが、3月26日に都内の病院で亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。

死因はGIST(消化管間質腫瘍)という病気です。

2011年ころから闘病していましたが、本人の希望により公表を控えていました。

訃報の際、近年出演していたドラマの映像が流れました。
昨秋放映のNHKドラマ「不惑のスクラム」(全7回)です。

高橋克典演じる主人公・丸川良平を支える「ウタさん」こと宇多津貞夫役です。
作中でもステージ4のがんにかかっているという設定で、ドラマ終盤に亡くなっています。

GIST(消化管間質腫瘍)ってどんな病気?

がんの一種と聞いていましたが、厳密には違うようです。

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。

消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。

GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。

発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。

スポンサーリンク

ショーケン出演のドラマ

太陽にほえろ!は見ていたのですが、長寿番組だったのでマカロニの出ていた初期は知りません。
有名な「傷だらけの天使」もその頃だったようです。

俳優活動は長いですが、出演作を見た記憶がありません。

追悼放送が、3月30日深夜から31日にかけて日本映画専門チャンネルであります。

日本映画専門チャンネル 2019年3月30日(土)、31日(日)
<放送作品>
「傷だらけの天使」1~8話
「君は海を見たか」全11話

今後も出演作の再放送が続くかもしれません。
「太陽にほえろ!」や「不惑のスクラム」も見てみたいです。

ショーケン、マカロニの由来は? 萩原健一さん亡くなる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする