天陽くんとなつが文通 その内容は?彼は上京するのか?【なつぞら感想】

天陽くん(吉沢亮)が再登場しました。

なつが上京して、もう十勝組の出番はないと思っていたのですが、柴田一家はしばしば登場していました。
天陽くんやじいちゃん(草刈正雄)など、十勝編は人気キャラクターが多かったので、今後もその傾向は続くのでしょう。

それどころか、天陽くんが上京することになるかもしれません。
予想に過ぎませんけど。

話題になっているようなので、久しぶりに感想を書いてみようと思います。

Sponsored Link

イケメン天陽くんとの文通の内容は?

サラッとしか見ていませんでしたが、昼の再放送を見て追記しようと思います。

絵や近況の話ばかりで、色っぽい内容はなかったようです。

両親からはなつのことをあきらめて、新しい相手を見つけるようにせっつかれていました。

天陽くんは酪農を続け、そのかたわら絵を描くという生活への不満は無いようでした。

しかし、なつをあきらめるということへの葛藤はあるようです。

このまま終わってはドラマが展開しません。
天陽くんの上京は十分考えられると思います。

追記

天陽くんが十勝で絵の賞をとったことを、なつに伝える内容です。

絵を認められることは嬉しいと書いていました。

なつは自分が絵の試験を受けることとともに、絵を認めてもらうことについて、それは酪農で美味しい乳を作りたいという気持ちと同じだということを伝えていました。

追記終わり

なつは酪農と絵を秤にかけ、絵を選んで上京しました。
一方、天陽くんは酪農を選んで十勝に残りました。

しかし今彼は、酪農を選ぶか、それともなつを選ぶかの岐路に立っています。

天陽くんのお兄ちゃんは、なつの勤める会社の先輩でしたっけ?
そもそもなんで絵を描いているのかも、よく覚えていませんが。
家を継ぐのも本来は彼であるべきとも思いますし。

天陽くん、それでいいのか?

酪農を捨てて、絵となつを取るんだ!

Sponsored Link

イケメン天陽くんのモデルは誰だ?

神田日勝(かんだ にっしょう)…1937年12月8日 – 1970年8月25日
と言われています。

神田日勝記念美術館のツイートです。


地元新聞では、はっきりモデルと謳っていますね。

日勝と天陽くんの経歴がよく似ています。

戦争で東京から十勝へ移住
兄だけが芸大へ上京
当人は農家を継ぐも、そのかたわら絵を描き続ける
絵の作風が似ている

などです。

その後はどうなっているのでしょう。

25歳で結婚していますが、相手は奥山玲子ではありません。
そして32歳の若さで早逝しています。

モデルどおりの扱いであれば、なつとは結ばれないことになりますが…

Sponsored Link

かっこいい天陽くんとなつは結婚するか?

誰をモデルにしているかで今後の展開が予想できると思ったのですが、あまりあてにはならないかもしれません。

なつのモデルは奥山玲子と言われていますが、本作ではかなり脚色されています。

奥山玲子は動画の会社と知らずに入社して、女性アニメーター第一号とも言われています。
しかしなつはアニメーターを目指して北海道から出てきたことになっていますし、すでに先輩女性社員もたくさんいるという状況に変更されています。

NHK朝ドラ『なつぞら』広瀬すず演じるヒロインのモデルは、アニメーターの奥山玲子?

近年の朝ドラでタイトルは忘れましたが、主人公の姉を宮崎あおいが演じていました。
モデルの人物は、貧乏農家に嫁いで早くに亡くなっています。
しかしドラマでは宮崎の人気が高かったせいか、最後まで死ぬことはありませんでした。

前作の『まんぷく』でも、主人公の母のモデルはもっと早くに亡くなっていたそうです。

古くでは『新・必殺仕事人』のかんざしの秀は、死ぬ予定だったところをファンの助命嘆願で撤回されました。

ファンあっての作品ですので、そのあたりはどうにでもなると思います。

天陽くんが他の女と結婚して早死するところを見せられても、不愉快になるだけでしょう。
今後の展開に期待しています。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする