ゲーム

中村悠一がプレイしているゲームとは?その廃人ぶりに衝撃必至!

 

香川県のゲームは1日1時間条例に関する、中村悠一さんのコメントが話題になっているようです。

意味がよく分からないのですが、条例に対しては批判的なスタンスなのだろうと感じました。

香川県に寄せられたパブリックコメントでは、プレイ時間の規制に賛成という意見が80%だったそうです。それを経て条例が成立したわけですが、業界団体が反対するのは当然として、インターネット上の意見でも反対の意見を見る機会が多かったように感じます。

香川のゲーム条例パブコメ(パブリックコメント)はどこで見られるの?

中村悠一さんのコメントへの賛同が盛り上がったため、この件を私が知ることになったのでしょう。ヤフーリアルタイムを見て知りました。

中村悠一さんは声優の仕事をされています。人気も高く、そのため発言にも影響力があるのでしょう。また香川県出身でもあります。

キャリアを調べてみると、アニメ・ゲーム・映画吹替からテレビ出演・舞台出演など非常に幅広い分野でご活躍されています。ゲームだけに絞っても、数多くの作品に出演しています。

ゲームの仕事は声でキャラクターを演じることであって、昨今のプロゲーマーのようなことをしているわけではないようです。プレイはあくまで趣味です。

しかしその熱の入れようが尋常ではないということも、今回調べていて分かりました。

Sponsored Link

中村悠一がプレイしているゲーム一覧

バーチャファイター

学生時代に『バーチャファイター3』全国大会の四国代表に選出されたことがあります。

東京への交通費が捻出できず、本選への参加は見送ったとのことですが。

バーチャファイターはなぜ終了したのか 理由と歴史を振り返る

ファイナルファンタジー

11と14をプレイしています。いずれもオンラインゲームです。

特に11に入れあげているようです。11はFF初のオンラインゲームということで話題になったので、そのことは覚えています。14は調べないと分からなかったですね。

「リディル」というレアアイテムの所有で、そのやり込み度を知られました。

これは1日に1回しか出現しないあるモンスターを倒すことによって入手することができます。

しかしこのモンスターを狙う他のプレイヤーも多いため、必ず1日待てば狩れるというものではありません。

遭遇できたとしてもその強さは尋常なものではなく、十数名の協力者と長時間かけてやっと倒すことができるのです。

私も今回、オンラインゲームの世界を垣間見ることができました。今までは中毒性が高い、というよりプレイ時間が長すぎるように聞いていたので、オンラインゲームをハナから敬遠していました。

国際機関がゲーム依存を病気と認定したことが、今回の香川県の条例制定のきっかけになったそうです。1日20時間のプレイを1年、2年と続けるような事例があるそうで、そうなると確かに病気でしょう。

しかしそもそも、例えば今回のリディルを獲得しに行こうと考える時点で、すでに病…

「廃人」と呼ぶのは業界では褒め言葉で問題ないようです、廃人になっているのだと思いました。

今話題のFF7リメイクもプレイするのでしょうね。

FF7体験版感想 動画あり!ファイナルファンタジー7リメイクを語る

三国志大戦、戦国大戦

ゲームセンターでチラッと見たことがあるくらいですが、かなり昔からあります。

2005年の稼働で、その頃からプレイしているとのことです。新バージョン稼働日には、台を確保するため前日の深夜からゲーセンに並ぶほどのファンです。(仕事の後、どこで寝ているんですか!)

武将を駒に敵城を落とす対戦ゲームで、こう書くと将棋のようなゲームだと思われます。ゲーム中の武将の声を演じていて、人気が出ると嬉しいとか(笑)

私はイラストレーターのタカヤマトシアキさんのファンで、彼も武将のイラストで参加しているのですが、プレイは全くされないそうです。

中村さんのように制作で参加して、かつプレイでも楽しめるというのは最高ですね。

同じジャンルのゲーム『ロードオブヴァーミリオン』もプレイされています。

グランブルファンタジー

一時期テレビで盛んにCMをやっていましたが、ゲーム内容が全く分からなかったんですよね…同居の家族も「なにこれ?」と言っていました。

RPGのようです、おそらく。アニメ化もされていますし、最近は格闘ゲームへの展開もありました。

グラブルVSバーサスキャラランク評価 最強キャラは誰だ!?

スマホのゲームですが、依存の問題は時間だけではなく、課金という要素もあります。

まあカネは尽きれば問題ありませんが(ないのか?)、時間を際限なくつぎ込むのは危険ですよね。

いや、カネの問題は借金すればいいのか(いいのか?)

いずれにしてもやっかいです。

なお中村さんは、このグラブルに時間もかけるがカネもかけるということで、また名を上げています。

上げているのかな・・・?ゲームファンの間ではそうなのでしょう。

私は将棋が趣味なのですが、それすらも暗い、じじくさいと思われはしないかと考え、あまりふれまわることはしていません。

格闘ゲームも趣味なのですが、そんなこととても人に言えません。プロゲーマーを応援しつつ、申し訳ないのですが。

中村さんもスト2をテレビ出演の際、プレイされていました。

現行バージョンのスト5はゴールデンボンバーの歌広場淳さんがこれまた玄人はだしで、世界チャンピオン相手に1本とったこともあります。
芸能人はみんな仕事だけでヒイヒイ言っているイメージがあるのですが、なんで趣味でもそこまでやれるの?と思います。

eスポーツでゲーム依存症を助長する可能性、懸念はあるか?考察分析してみた

Sponsored Link

-ゲーム
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.