『善悪の屑』映画公開中止 内容が気になります

新井浩文逮捕で消えるドラマを予想する

この記事で確実に消えると書いた翌日の今日、公開中止が発表されました。

記事中で内容に興味はないと書いたのですが、消えることがはっきりした途端、急に気になり始めました(笑)

内容を調べてみました。

スポンサーリンク

善悪の屑とは

漫画が原作でした。

そしてこれは昔読んだことがあります。
タイトルをすっかり忘れていました。

現代の必殺仕事人のような内容です。

映画の紹介では新井浩文ともうひとりのW主人公という触れ込みでしたが、漫画では新井が主役で、もうひとりは相棒という感じだったと思います。

特色としては、悪人を苦しめてから殺すところでしょう。

猟奇的と言ってもいいでしょう。
仕事人のように同じ手口であっさりやるというのではなく、毎回殺し方を変えていました。

電子書籍版は女性読者からも支持を得られているそうです。
女の敵をやっつけるエピソードもあり、それが受け入れられたのかもしれません。

買いやすいということもあるでしょう。

漫画について

渡邊ダイスケ 『善悪の屑』少年画報社〈ヤングキングコミックス〉、全5巻

強姦殺害事件
いじめ自殺事件
ウサギ殺し
危険運転致死
連続女児殺害事件
カップル殺害事件

これらの事件の加害者に復讐をするという内容です。

Amazonでは扱っていないようです。

ここまでが第1部で、タイトルを変えて第2部に引き継がれています。

渡邊ダイスケ 『外道の歌』少年画報社〈ヤングキングコミックス〉、既刊7巻(2018年11月26日現在)

序盤は主人公の過去が描かれます。

途中までしか読んでいません。
しばらくたつので、機会があれば続きを読んでみようかと思います。

Amazon既刊セット

渡邊ダイスケ 『園田の歌』少年画報社〈ヤングキングコミックス〉、既刊1巻(2018年11月26日現在)

スピンオフ作品です。
園田というのは、主人公から逃げている悪人です。
悪人が悪人を殺すという内容のようです。

最後に

以前読んだ時には、結構面白いと感じました。

連日犯罪が報じられる中、この作品は時代に合っていると思います。
今回はお蔵入りとなりましたが、再度企画が立ち上がるかもしれません。

知名度が上がったと言っては不謹慎かもしれませんが、一から企画するよりはリスクが小さいのではないでしょうか。
見てみたくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする