寝起き頭痛の実体験から考える、治し方と原因

さまざまな原因が考えられるのでしょうが、
まず私の状況からお話します。

休日に昼寝をとりすぎた場合など、通常より睡眠時間が長かった時、
寝起きに頭痛がして、それが長く続くことがありました。

平日起きた時から頭痛がして、それが1日中続くこともありました。

当時、何が原因かをネットで調べたことがありました。

今は探しても上手く見つけられませんが、私が見つけたページには、
血管が拡張して神経を圧迫しているのが原因と書かれてありました。

月に1回くらいのことで、耐えられないほどではなかったので、
長年放置していました。

そして、ある年の会社の健康診断で、E判定が出されました。
高血圧が原因です。
上が200を超えていたかもしれません。

長年高血圧気味だったのですが、数字よりも最低ランクの判定にびっくりして、
すぐに病院に行きました。

当初は薬を飲み続けることを嫌って、
運動や食生活の改善から治していくと希望していたのですが、
なかなか改善しないので、いよいよ薬の治療を始めることにしました。

それが2年前くらいのことだったと思います。

寝起きの頭痛がウソのように消えたのが、その頃だったと思います。

今も通院中で、三月に1回くらいの頻度で病院に通っています。
最初のうちに大きく下がって、それからはなかなか下がらないという感じです。

原因は高血圧だったと確信しています。

結構つらかったので、開放されてとてもうれしいです。
以前ネットで調べた原因も、高血圧とは書かれていませんでしたが、
正しかったのだと思います。

同様の症状の方は、血圧を調べてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする