堀ちえみ主演作最高傑作は? 大映ドラマを語る

堀ちえみの闘病が話題になっています。
早いご回復をお祈りします。

最近はあまり聞くことはありませんでしたが、私が子供の頃には出演作をよく見ていました。

またあの頃はテレビドラマが面白い時代でもありました。

思い出を振り返ってみようと思います。

スポンサーリンク

ズバリ 堀ちえみ主演ドラマの最高傑作とは?

『スタア誕生』です。

一般の評価では、『スチュワーデス物語』でしょう。

しかし私は見たことがありません。
当時爆発的にヒットしていたことは感じていました。

そもそもドラマ自体を見ていませんでした。
当時は子供だったので、早い時間に寝かしつけられていたからです。

当時のドラマは現在でも名作として名を残しているものが多くあります。
しかしそれらを見たのは、すべて日中にやっていた再放送でした。

『スチュワーデス物語』は最大級のヒット作だったにもかかわらず、なぜか再放送を見る機会がなかったのです。

『スタア誕生』とは

少女が女優を目指す物語です。

その少女は心臓病を患っていて、余命わずかという設定です。

急所のシーンで心臓の発作が起きて胸を抑えていたこと
劇団長の若林豪に肩入れされていたこと
それを妻や一部の団員が妬んで堀ちえみをいじめていたこと

このくらいしか覚えていませんが、当時は夢中で見ていました。

調べてみると、

両親は実の親ではなかった
そして実の親は殺人犯であった

など、芝居がかった設定が盛り沢山でした。

しかしとにかく面白かったです。

心臓病の演技が大根という話を聞いたことがありましたが、問題ではありません。

『スチュワーデス物語』ほどは話題にならなかったはずですが、一般の人気もそこそこあって、予定より2回延長されたそうです。

最後に死ぬかどうかが見どころだったのですが、なんと最終回を見逃してしまいました。
残念ながら当時は、人気作しかビデオ化していませんでした。

それから何年も悶々としていましたが、次回の再放送でやっと最終回を見ることが出来ました。
感動のラストでした。

今はDVD化されています。
堀ちえみ作品を見るのであれば『スチュワーデス物語』もいいですが、この『スタア誕生』をおすすめしておきます。

大映ドラマについて

『スタア誕生』「大映ドラマ」というカテゴリに区分されます。

『スチュワーデス物語』も、他の堀ちえみ主演作も同様です。
彼女の出演していない作品も多くあります。

ウィキペディアでは、次のような特徴が上げられています。

1.主人公が運命の悪戯に翻弄されながら幸運を手に入れるといういわゆる「シンデレラ・ストーリー」。

2.衝撃的で急速な起伏を繰り返したり、荒唐無稽な展開。

3.「この物語は…」の台詞でオープニングに挿入され、ストーリーの最中では一見冷静な体裁をとりつつ、時に状況をややこしくするナレーション。

4.出生の秘密を持つキャラクターの存在。

5.感情表現が強烈で、大げさな台詞。

大体あっていると思います。

荒唐無稽と言えばそのとおりですが、それゆえに面白いとも言えます。

オープニングの芝居がかったナレーションもよかったです。
いやそれは劇中にも随時挿入されていました。

あれがなければ別の作品というほどの存在感がありました。
芥川隆行と来宮良子のボイスはすばらしい。

出生の秘密というのもありました。
そういえば『冬のソナタ』を見た時に、大映ドラマのテイストを感じました。
冬ソナに出生の秘密の設定があったかは覚えていませんが。

大げさなセリフではなく、詩的と言ってほしいです。
相手の言葉を疑問形で反復するシーンが多いという特徴もありました。

あと人がよく死にました。
特に『スクールウォーズ』などはやりすぎでした。

3K(クライ、クサイ、クドイ)と言われていました。
うまいことを言うと思いましたが、ドラマは面白いかつまらないかでしか評価しません。

役者の使い回しが激しいという特徴もありました。

堀ちえみは他の作品でも何本か主役をしていますし、若林豪も他の作品に出ています。
特に松村雄基、伊藤かずえ、梅宮辰夫、国広富之あたりは多くの作品に出演していました。

若林豪はGメン’75の立花警部が当たり役でした。とてもかっこよかったです。
先日たまたま映画のポスターを見たのですが、まだ活躍されています。

私の好みでしかありませんが、主題歌が粒ぞろいと感じたことも特徴です。

あっ!曲を集めたCDが出ていますね。

粒ぞろいということでは評判の『火曜サスペンス劇場』に負けていないと思います。

大映ドラマ

大映ドラマとは、大映テレビ制作ドラマのうち80年代の作品を指すらしいです。

しかし調べてみると、定義というかイメージから外れた作品が多いと思います。
『噂の刑事トミーとマツ』は好きでしたが、大映ドラマとは知りませんでしたし、作風が合いません。

ここでひとつ大映ドラマリストを作成してみようと思います。
当然80年代の作品をすべて見たわけではありませんが、一つの参考にしてみて下さい。

大映ドラマ作品リスト

『スチュワーデス物語』(主演・堀ちえみ)
『不良少女とよばれて』(主演・伊藤麻衣子)
『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』(主演・山下真司)

『少女に何が起ったか』(主演・小泉今日子)
『乳姉妹』(主演・伊藤かずえ)
『スタア誕生』(主演・堀ちえみ)

『ヤヌスの鏡』(主演・杉浦幸)
『ポニーテールはふり向かない』(主演・伊藤かずえ)
『花嫁衣裳は誰が着る』(主演・堀ちえみ)

『このこ誰の子?』(主演・杉浦幸)
『アリエスの乙女たち』(主演・南野陽子)
『プロゴルファー祈子』(主演・安永亜衣)

タイトルを見ればそれっぽい作品も他にありますが、見ていませんし、無名であることには間違いないと思うので含めませんでした。

独断と偏見による三大大映ドラマ

『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』

『スタア誕生』

そして
『アリエスの乙女たち』

大映ドラマの世界を知りたい方は、この3本から見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする