漫画・アニメ

「どろろ」アニメ漫画ゲームの感想&各種情報を紹介する

Sponsored Link

どろろリメイクアニメは2019年1月7日放送開始

どろろアニメPV第1弾感想

見てまず思ったことが、絵柄が違うということでした。

どろろがどろろに見えません。


しかし、このような試みは評価したいと思います。

50年前の漫画を今アニメ化するのであれば、そのまま移すのではなく、今ならではの表現をするべきです。

子供の頃に「聖闘士星矢」というアニメがありました。

これも漫画原作にはない、オリジナルの要素が加えられましたが、聖闘士星矢の世界が広がったと感じました。

どろろアニメPV第2弾感想

やはり主役は百鬼丸ですね。

キャスト紹介でも、どろろより上に来ています。

漫画の単行本の著者コメントで、なぜ主役(タイトルだったかな)が百鬼丸ではないのかと、よく質問されると言っていました。

その理由は、手塚先生がどろろの性格が大好きだからと回答していました。

今回のPVは、百鬼丸のアクションシーンがメインとなっています。やはりカッコいいです。

絵柄も相まって、とてもアダルトな雰囲気です。大人も楽しめる作品になるでしょう。

どろろアニメPV第3弾感想

アクションシーンだけでなく、キャラクターの内面をより描く作風となりそうです。期待が高まります。

スポンサーリンク

気になるのは、放映期間です。

発表はまだないようなので、人気次第ということでしょうか。テレビアニメは3ケ月が一つの区切りとは聞きますが。

今でも前回のアニメが見られるとは驚きです。これもオリジナルの設定が加えられているそうです。全26話。

どろろ Complete BOX [DVD]

どろろ実写映画の内容と評判は?

どろろは過去に一度アニメ化されていますが、何年か前の実写映画化で、ある程度知られるようになったのだと思います。

実写映画版は続編の予定があったのか、全ての魔物を倒すまでには至っていないようです。

そういえば好きと言っている割には、まだ見ていませんでした。大人のどろろというのも、ひとつの試みですね。今回を機に、映画版も一度見てみようかと思います。

どろろ(通常版) [DVD]



それまでは、鉄腕アトムやブラックジャックと比べて、あまり評価されていない作品でした。
(今もそうかもしれませんが。)

水木しげるの妖怪漫画に触発されたと聞いていますが、漫画は短期間で打ち切られてしまいました。

ですが、私は面白いと思っています。アニメ化はとても嬉しいし、楽しみにしています。

Sponsored Link

漫画版どろろについて

私が「どろろ」を初めて読んだのは、子供の頃でした。言葉狩りによるセリフの改変は、まだされていませんでした(笑)

妖怪を倒して体を取り戻す、という設定が斬新でした。

どろろ (4 冊) Kindle版
https://amzn.to/2wLksLA

Sponsored Link

2つのどろろ 少年サンデー版と冒険王版について

後年知りましたが、バージョンが2つあるとのことでした。

少年サンデー版と、それが打ち切られた後で描かれた冒険王版です。

私が読んだのはサンデー版で、広く知られているのもこちらだと思います。

手塚治虫はどろろに限らず、後年の単行本を読んだだけでは、発表当時の状況を追いづらいということがあるようです。

それを知ったのは、この本です。

ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編 (角川文庫)


話を戻しますが、冒険王版は、何年か前に出た手塚全集には収録されたと聞きます。

いまだに読む機会がないのですが、調べたところ新たな設定として、

どろろは魔神が奪った百鬼丸の肉体から作られた

というものが加えられました。

どろろを殺せば体が戻るが、百鬼丸はどうしても出来ないと葛藤します。

どう展開されたのか気になりますが、かなり昔に出たゲーム版では、よく知られたサンデー版ではなく、冒険王版のこの設定が使われています。

ゲーム版どろろについて



2004年のPS2版です。まだ新品が流通しているのはすごいですね。

今回のアニメ化で増産されるか、あるいは現行ハードで発売されるかもしれません。

こういうことは企画の段階で、すでに決まっていることなのでしょうが。

アニメ化に合わせて、舞台化も同時に発表されています。

PS2版の動画を見たところ、結構いい感じでした。PS4版がほしいと思いました。

冒険王版の設定で作られたPS2版は、ラストをうまくまとめているようでした。漫画が打ち切られていても、こういう形で完成されるというのはよいですね。

今回のアニメにも期待したいです。

「どろろ」「三つ目がとおる」大解剖 手塚治虫 怪奇マンガの世界 

雑誌連載当時の絵がたくさん載っていました。私も初めて見るものばかりです。

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-, ,

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.