菊池梨沙はハーフ 両親は何人?父親と母親の国籍を調べてみた

TOKIOのリーダー・城島茂との熱愛が報じられたのは、2017年6月のことです。

そして今月28日未明、結婚発表がありました。

おめでとうございます!

菊池はハーフとして知られていますが、ちょっと見えませんね。

ご両親の国籍を調べてみました。

Sponsored Link

菊池梨沙の父親と母親は何人?

父親はバングラデシュ人

母親は日本人

国籍までは分かりませんでしたが、父親がかなりの資産家という話もあります。

菊池梨沙の両親の年齢は?城島茂の年齢と比較する

城島茂と菊池梨沙との結婚は、その年齢差でも話題になっています。

実に24歳差!

28日、都内で結婚報告会見が開かれ、両親の年齢も明らかになりました。

母親の年齢は43歳です。

「それ一番触れられたくなかったんですけど、お母さんが年下なんですよ。お父さんが(城島と)同じくらいで。番組とかでは笑って言いますけど、プライベートだと笑えないですよ」

ここで4者の年齢をまとめておきます。

城島茂  48歳

菊池父  48歳前後

菊池母  43歳

菊池梨沙 24歳

梨沙さんは母親が10代の時に産まれたということになります。それではお母さんが城島より年下でも仕方ないでしょう。何が仕方ないのか分かりませんが(笑)

菊池の母はTOKIOファンか、という質問がありました。城島はこう答えています。

「どっちかっていうとそのちょっと上かな。光GENJI世代だったりするんですかね」

光GENJI世代だと、お父さんがど真ん中ではないかとと感じました。素直にTOKIOファンということでよいと思うのですが。

Sponsored Link

日本とバングラデシュの関係は?

梨沙さんは中学生の時にスカウトされ芸能界入りしています。

ハーフですが、日本での生活の方が長いか、あるいは日本から出てことすらないのかもしれませんね。

父親の母国、バングラデシュについて調べてみました。

まったく聞いたことのない国というわけではありませんが、ほとんど何も知りませんでした。

国旗が緑地の日の丸!

ひと目で親日国と分かります。親日である理由は、建国後すぐに独立国家と認めたからです。大規模な支援が始まり、それは今も続いています。

初代バングラデシュ大統領ムジブル・ラフマンは、バングラデシュの国旗を制定するときに日本の日の丸を参考にしたと言われています。

経済的な交流も盛んです。日本が輸入しているものは、革製品、既製服、冷凍エビなどです。

特にアパレルの輸出は、今や中国に次いで世界第2位です。バングラデシュはイギリス植民地時代から縫製工場を持ち、長い歴史があります。そして人件費の安さで、中国からの工場移転が始まっています。

在バングラデシュ邦人数は964人(2018年10月1日現在)、在日バングラデシュ人数は14,948人(2018年6月,入国管理局)となっています。梨沙さんのご家族は日本在住のようです。

Sponsored Link

菊池梨沙の父親と弟の画像


ウ~ン…あんまり似ていないような〜^ ^笑

しかし菊池の昔の画像は、ハーフっぽいという感じがしました。


この頃はちょっとぽっちゃりしていますね。8キロ減量とのことです。

8歳年下の弟のジュンヤくんはツイッターでよく紹介されています。この子はしっかりとハーフ顔です。とても仲が良さそうですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする