閃の軌跡4考察 盟主=女神? 聖獣達と古の盟約

スポンサーリンク

盟主=女神という予想は、空の軌跡の頃からあったような気がします。

閃の軌跡4の考察としていますが、
新たに明らかになった事実により信憑性が深まったと思うので、
そのようにしました。

盟主の目的は、カンパネルラによって語られました。

7つの至宝がこの可能世界において
人の手で如何なる結末を迎えるのか

それを導き、見届けること自体に
《盟主》の計画の意味はあるのさ

目的を同じくした存在が、別にあります。

レグナート、ツァイト、ローゼリア、アルグレスたち、
聖獣です。

聖獣たちの使命

彼らは至宝を見守るために女神から遣わされた存在とされています。

また「古の盟約」により、人間には手を貸せないということにもなっています。

空SCのラストでレグナートがエステルたちを救ったのは、
すでに空の至宝の行方を見届けていたためでした。

ツァイトは幻の至宝がすでに消滅していたために、
そもそも盟約による縛りがありませんでした。

盟約の目的も、閃4でようやくはっきりしました。

至宝が「人の手で」如何なる結末を迎えるのかを見届けるのが目的であったから、
人に手を貸すことが出来なかったのです。

作中でここまではっきり示されたわけではありませんが、
おそらく間違いないと思います。

女神に遣わされた聖獣達と盟主、
目的が完全に一致することになります。

カンパネルラの正体

閃の軌跡マガジンの社長インタビューで、
彼は至宝が現れる時には必ず出てくる、と言われていました。

彼も至宝の行方を見守るという役割を任されているのかもしれません。

盟主の代理人というポジションですが、
彼は何者なのでしょうか。

閃4で意外なことが分かりました。
彼は女の子のようですね。
これは本当に意外でした。

こうなるとカンパネルラ=盟主説も浮上してきますが、
あまり本気では考えたくありません。

カンパネルラ=女神、ということにもなってきます。

ユウナではありませんが、性格がかなりふざけていて、
イメージと合わないからです。

しかし至宝の行方を見届けるのは、盟主自身が行いたいと考えるのが自然とも思えます。
カンパネルラが別人だとしたら、あんなふざけた人間に任せるでしょうか。

(本人だとしたら、もっとふざけているとも言えますが)(笑)

星辰の間でのやり取りでは別人としか見えませんが、
何かあるのかもしれません。
宇宙刑事シャリバンのラスボスのように、体を2つに分けているとか。

年齢と風貌が合わないという謎も残っています。
その理由はまだ明らかではありません。

盟主の年齢も、見た目若いですが、実際はどうなのでしょうね。