軌跡シリーズ

『英雄伝説閃の軌跡4』完全攻略本紹介と、残った謎の考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

残った謎がありますが、隠しクエストを見逃してはいないのか、気になっていました。
それは後で触れるとして、11月16日に発売された完全攻略本の紹介をします。

私はまだ買っていないのですが、内容の確認も兼ねて記事を作ってみました。

Sponsored Link

日本ファルコム公式 英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- ザ・コンプリートガイド

この時期に発売するのは、
そろそろみんなクリアしたでしょ、
2週目をどうぞ、
ということだと思います。

やり込みたい人のため、そうでなくても私のような、
残った謎を見逃していないか気になっている人にも参考にできると思います。

その内容

ダメージや獲得経験値の計算式が載っているそうです。

攻略動画を見るとバカでかいダメージを与えたりしています。
あれはどうやっているのでしょうか。

私の最高ダメージは、塩の杭内のボスに対して、補助アーツを受けたアガットのSクラフトでした。
8万台だったと思います。

閃3ではアリアンロードとマクバーンのコンビを一人で倒す動画を見たことがあります。
ああいうことも出来るようになるのでしょうか。

もっと早いうちにこういう攻略本を買っておけばよかったと思います。

その他、完全にやり込みできるデータがしっかり載っているようでした。

300人分の人物名鑑があります。

設定が分かれば興味深いです。
これも面白そうです。
しかし字が小さいので、私に読めるのか気になります。

全496ページ、価格は2100円(税抜)となっています。

 

残った謎について

攻略本を読めば分かるものもあるのでしょうが、
次回作に持ち越しの謎もあるはずです。

自分なりにやり尽くすつもりでプレイしたので、
意地悪がなければ、主な情報は知ることが出来ていると思います。

その上でまだ明かされていない謎や設定を、思いつくままに挙げていこうと思います。
盟主に関しては除きます。

使徒第四柱・破戒と執行者No3黄金蝶

元《月光木馬團》のメンバーのこの2人、ついに登場しませんでしたね。
使徒はマリアベルと共に、帝国外で活動していたとのことだったと思います。

どこだったかな?
アルテリアと言っていたでしょうか。
そして何をしていたのか。

アリオスとリーシャがどこで何をしていたのかについても明らかではありませんが、
彼らが破戒に対抗していたのだと予想しています。

ロゼの正体

不死というのは、吸血鬼はそういうものだということでよいのでしょうか。
生い立ちについて一切分からずじまいだったので、消化不良です。

彼女をモデルにしたという劇中の小説がまだ未読なので、
(紅い月のロゼ、でしたか?)
それを読めば何か分かることもあるのかもしれません。

アリアンロードが不死者となった理由

明かされていないのではなく、はっきりと理解できていないのかも。
整理してみます。

騎神同士の戦いに敗れた場合、
その騎神はいずれ再生されるが、乗り手は不死者となる。

アルベリヒがそう言っていましたね。
アリアンロードが獅子戦役でドライケルスをかばって死んだ後、
復活したのはそういう理由ということでいいでしょう。

格上の銀が緋に遅れを取ったのは、
さらに格下の灰が足手まといになってしまったのでしょうか。
…これは蛇足かもしれません。

ルドガーが生き返ったのは、地精の術によって。

クロウはジョルジュが関わっていたのでルドガーと同じ理由と思っていましたが、
すでに起動者なっていたのでリアンヌと同じという気もしてきました。
…いや、やはり前者でしょうね。

オズボーンの理由はルドガーと同じ、
地精の大元、黒の騎神の力によってということでしょう。

ようやく生き返りメンバーについて整理がつけられました。
リアンヌに関してはあっさり説明されたので、少々失念していました。

あ、そういえば当時の部下だった鉄騎隊のアルゼイド、
彼も一緒に死んで、リアンヌと共に復活したのではなかったでしょうか。

それはなぜ?
死んでいなかったかな?
忘れてしまいました。

男か女かもはっきりしていませんね。
おそらく女でしょうが。

スポンサーリンク

エレボニア皇帝の後継はどうなる?

オリビエが継ぐしかないでしょうね~。
皇位継承権を放棄しておいて、それを覆すのは彼らしくないとは思いますが。

あるいはアルフィンが婿を迎えるとか。

セドリックはどうなるのでしょうか。
少なくとも当分は戻ってこれないでしょう。

しかしドサクサに紛れて帰還し、
これまでのことを皆に伏せて皇位を継ぐというのは無いでしょう。
彼ももう一人前の男だと思いますので。

他にも思い出したら追加していきます。

これまでのことは人物名鑑を読めば分かること、
ハッキリすることがあるかもしれません。

-軌跡シリーズ
-, ,

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.