閃の軌跡4予想 身喰らう蛇 結成時の考察

蛇の使徒

軌跡シリーズの年表で、身喰らう蛇関連の出来事で最初に出てくるのは、
七曜暦1186年の、アリアンロードと盟主との邂逅となっています。

すべてはここから始まった、と仮定します。

スポンサーリンク

執行者のナンバーは加入順と思われますが、
使徒のナンバーの割り振りが不明でした。

2番のクロチルダ、3番のワイスマン、4番の破戒
みな、アリアンロードの後に加入しています。
年表にはありませんが、おそらく6番のノバルティスもそうでしょう。

ナンバーが加入順だとすると、
アリアンロード加入後に欠員が出て、
その後任についたとも考えられますが、
その可能性は低いでしょう。

つまり使徒のナンバーは、
7人が揃った段階で割り振られたのではないかということです。

人物別の考察は長くなるので、別の記事で書こうと思います。

執行者

ナンバーが加入順だと明言されたことはないと思いますが、
おそらく間違いはないでしょう。

レーヴェの加入は、1192年、ハーメル事件のあった年です。
1194年の時点で、初めてマクバーンを確認できますが、
ナンバーが加入順だとすれば、1192年以前の加入だと思います。

その1194年は、月光木馬團が壊滅し、破戒、黄金蝶、シャロンが結社に加入します。
黄金蝶が3番、シャロンが9番と、かなり離れていますが、
かなり一時期に集中して加入があったということでしょうか。

その間に6番ルシオラ、8番ヴァルターを含めて、5人もいます。
ハーヴェイ一座が解散したのは同じ年ですが、少し気になるのが、
ヴァルターの結社入りが、3年後の1197年となっていることです。

シャロンが結社入りした時点では、
まだ執行者ではなかったのかもしれません。

ワイスマンがエステルを執行者に勧誘した時、
候補生から始めることになると言っていました。
レンもそうだったようです。

もうひとつ思いついたのが、
執行者のナンバーも、頭数が揃ってから割り振られたという説です。

マクバーンとレーヴェの二人しかいなかった頃に、
執行者ナンバーワン、ナンバーツー、とか言っていたのでしょうか?

レーヴェがケルンバイターを授かったのは、1197年とのことです。
この時期にはメンバーも10人程度はそろっていたので、
外の理の武器と共に、ナンバーを割り振ったという予想です。

シャロンが結社入りした時点では、
結社はまだ新興勢力だったという言及がありました。

結社は盟主とアリアンロードが創設したというのは、
このことから予想したものです。

ここからは身喰らう蛇の創設から間もない時期に、
すでに結社入りしていた執行者、
マクバーンとレーヴェについて考察していきます。

マクバーン

彼はなぜ身喰らう蛇に加入したのでしょうか。
マクバーンは、アリアンロード以上に何者か分からない人物です。
閃4がとても楽しみです。

少しは考える材料があるので、予想していきます。

彼の焔の能力は、焔の至宝と関わりがあるかもしれません。

リィンの能力を「混じっている」と表現していましたが、
リィンの鬼の力は心臓由来と思われるので、そう言ったのだと思います。
一方、マクバーン自身は「全部」と言っていました。

幻の至宝は人格を持っていましたが、
マクバーンが焔の至宝というのは違うでしょう。

焔の至宝は、大地の至宝と融合して、
鋼の至宝、巨イナル一となっているからです。

黒の工房のホムンクルスという感じでもないし…

一つ気になるのが、焔の聖獣の行方です。
これに関しては、何も言及されていません。
(見逃していなければ)
彼が焔の聖獣…というのも違うなあ。

自信のある予想ができないので、
閃4でのお楽しみとしておきます。

レーヴェ

大好きなキャラクターです。
空FC以前の彼のことは、もっと知りたいと思います。
漫画があるらしいですが、読んでいませんので。

特にハーメル事件当時の彼を知りたいです。

どういう感じで結社に勧誘されたのか。
マクバーンとは戦ったのか?
ルフィナにしてやられたという事件とは?

ハーメル事件を扱うのはこれが最後かもしれないので、
ぜひ出してほしいです。
3rdみたいに生き返らなければいいわけで。
マクバーンやヨシュアに、彼の過去を語らせる感じで登場させてください。

結社の目的は?

レーヴェがヨシュアに結社で活動している目的を問われた時、
「人の可能性」について語っていましたが、
そのワードは彼以外に、盟主やワイスマンも言及していたと思います。

盟主は「すべての魂を導くお方」と言われ、
それが結社の目的でもあると思いますが、
かなり曖昧で、内容は全く分かりません。

ワイスマンは自身の目的を、レーヴェや盟主以上に分かりやすく語っていました。
結社の目的も、ワイスマンのそれとほぼ一致していると思います。
そうでなければ、ワイスマンは教会を出なかったはずですから。

アリアンロードや他の使徒、マクバーンも、
それに賛同して結社に加入していなければおかしいですが、
みな一癖ある人物ばかりで、本当にそうなのか疑問も感じます。
ノバルティスあたりは、ロボットが作れればそれでいい、
という考えているようにも見えました。

閃4では結社の目的までは明かされないと、閃の軌跡マガジンで読みました。
ただおよその方向性は、空の軌跡の内容で予想できると思います。

幻焔計画の内容が、ここまで来ても相当分かりにくいですが、
閃4で少なくとも一区切りはつくはずです。