閃の軌跡4感想その19 ついにクリア!プレイ時間は100時間ちょっとです

スポンサーリンク

ついにクリアしました!

プレイ時間は100時間ちょっとです。
よく遊びました。
時間的には毎回そのくらいにはなるのですが。

最高に面白かったです。
空の軌跡SCを完全に超えましたね。

設定に関して明らかになった様々な情報については、
別の記事で書こうと思います。

幻想機動要塞でのバトル順に項目を設けて、簡単な感想を書きます。

レクター&クレア戦

要塞から力を得ているから、騎神を出してきても負けないと言っていました。

しかし弱かったです。
当然騎神も機甲兵も出していません。

今作の対人戦は、最初からラスボス戦まで、強い相手はいませんでした。

セドリック&シャーリィ戦

苦労したのが騎神戦です。
相克では、ルドガーの頃からずっと勝てませんでした。

それもセドリック戦以降は、2回負けました。
何かコツが有るのでしょうか?

シャーリィがエリィやデュバリィにイタズラしていたのは、
ふざけてやっているのかと思っていたのですが、
男の子より女の子が好きだったんですね。

性格不明だと思っていたのですが、
リーシャに負けてから少し改心したらしいと、
フィーが言っていました。

言われてみればそのような気もしますが、
やっぱり彼女はよく分かりません。

前にあったフィーとの絆イベントで、ルドガーの墓参りをしました。
その時にシャーリィが顔を出してきたのですが、これには少し違和感がありました。
閃3でのレーヴェの墓参りでも同様です。

今回、セドリックを見守りたいという気持ちを見せられて、
本当は悪い子ではないのかも、と少しは思えるようになりました。

碧の軌跡ではひどかったですから。

クルトは今ひとつ存在感が薄かったのですが、
今回のセドリックとの絡みによって、いい感じのキャラクターになったと思います。

逆に、セドリックにも言えることです。
よいイベントでした。

Sponsored Link

ルーファス&アルベリヒ戦

思ったよりザコでしたね。

いや、騎神は強かったです。

2回も力を落とさせてやっと勝ったのですが、
ルーファスに「自分の敗因をどう思う?」と聞かれた時には苦笑いしました。

何がザコかと言うと、彼はアルベリヒと組むとかして、
オズボーンの寝首をかくくらいのことはするかと思っていたからです。

たまたまユーシスとの絆イベントをやって手に入れていた聖剣があったので、
バトルが盛り上がりました。

スポンサーリンク

マリアベル、カンパネルラ、マクバーンは別記事で書きます。
設定の謎に関わる情報が多く出てきたので。

オズボーン戦、ラスボス戦もやめておきます。

次回は感想記事最終回
エンディングの感想を書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする