徳川家治の将棋の棋譜研究

スポンサーリンク

今話題の『日本国紀』に、徳川家治が将棋好きだったと紹介されていました。

『日本国紀』関連記事まとめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本国紀 [ 百田尚樹 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/12/1時点)

どんな将棋を指したのかを調べてみました。

検索で出てきた、この棋譜を見てみます。

開始日時:1782/10/09
場所:江戸城
手合割:平手
先手:徳川家治
後手:五代伊藤宗印
戦型:四間飛車

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲4八銀 △3二銀 ▲5六歩 △5四歩
▲3六歩 △4二飛 ▲5八金右 △6二玉 ▲6八玉 △7二玉 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △6二銀
▲1六歩 △1四歩 ▲3七桂 △8二玉 ▲2六飛 △7二金 ▲5七銀 △4五歩 ▲3五歩 △同 歩
▲5五歩 △同 角 ▲同 角 △同 歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲2二角 △4四角 ▲2四飛 △2二角
▲同飛成 △3六歩 ▲2五桂 △5六歩 ▲6六銀 △3七歩成 ▲3三歩 △4三銀 ▲2一龍 △4六歩
▲同 歩 △4七歩 ▲1一龍 △4八歩成 ▲6八金右 △4七と左 ▲8六香 △5七歩成 ▲7五桂 △6八と
▲同 銀 △5二銀 ▲6五角 △7四角 ▲3二歩成 △5八と左 ▲4二と △6九と ▲5二と △6八と
▲同 玉 △6五角 ▲8三香成 △同 金 ▲4一龍 △5八金 ▲7九玉 △6八銀 ▲7八玉 △6九銀不成
▲8八玉 △7九角 ▲7七玉 △6八角成 ▲8八玉 △7九馬 ▲7七玉 △7八銀成 ▲8六玉 △8四香
▲投了
まで90手で後手の勝ち

最初は自分で棋譜を並べて、その時の感想書きました。
そして、後からソフトにかけた評価の感想を、赤字で追加しました。

スポンサーリンク

棋譜の感想

29手目▲3五歩
ここからの3筋、5筋の歩の突き捨ては、自分でもこう指すと思います。
昔であれば角交換をするのが普通だと思うのですが。

しかしソフトでは、この仕掛けで形勢が後手に傾いています。
自分も指すと言っておきながらなんですが、適当な仕掛けだとも感じます。

42手目△3六歩
桂馬を逃げるのが自然な手です。

▲1一龍と香車を取る手も自然で、こちらの方がよい可能性があります。
相手が次に△3七歩成と桂馬を取ってと金を作る手が、どれだけ有効かという比較になります。

第3の手は▲3三歩ですが、おそらく取られるので、それでよいのか読む必要があります。

桂馬が逃げました。
ソフトも桂馬が逃げました。

単に逃げただけでなく、▲3三歩がより強力になると考えたのでしょう。

45手目▲6六銀
このあたりから先手優勢に傾いています。

52手目△4七歩
と金攻めはこわいですが、読みやすい局面ともいえると思います。

まだ先手優勢です。

57手目▲8六香
▲3二歩成が正解だそうです。
▲8六香も悪くはないと思うのですが、実際はゆっくり出来ない形勢だったのでしょう。
次の△5七歩成で逆転します。

62手目△5二銀
こんな手でこちらが手番をとれました。
先手優勢といえるでしょう。

ソフトも悪手と評価しています。
正解は△7四角です。

パッと見、▲5三歩と叩きたいところですが、どう指すのでしょう。

63手目▲6五角
これも良い手だと思います。
詰めろっぽいです。▲3二歩成も匂わせています。

ソフトも▲6五角を読んでいました!
形勢逆転し、先手優勢となります。

72手目△6五角
この局面、自玉は詰めろになっているのでしょうか。
詰まないような気がするのですが…

詰めろです。

そうであれば、最善は▲6二と、次善は▲4一龍、
角を取り返しても勝ちだと思います。

最善は角を取り返す▲同銀で、それで自玉の詰めろが消えて勝ちとなります。

75手目▲4一龍
この手はおかしいと思います。
香車を渡す必要がありません。

その通りで、逆転しています。

76手目△5八金
この手が見えていませんでした。
先手玉は詰めろでした。


受けの手を指しませんでしたが、この将棋では必要ないと読み切っていたのかもしれません。
他の棋譜ももう少し見てみたいところですが、アマ高段というのは間違ってはいないと思います。

しかし将棋の家元?相手にいい勝負がが出来ているというのはおかしいです。
相手が将軍なので緩めていたということでしょうか。

画像を入れすぎてしまったので、詰め将棋については別記事を予定しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする