軌跡シリーズ

創の軌跡感想≪C≫ルート第2回 ルーファスは良キャラ!新たな試みがとても楽しい

プレイ時間44時間でラストダンジョン出現まで来ました。

現時点での≪C≫ルートの感想を書きます。ロイドルートに他の2ルートが合流しているので、他のルートにも言及するかもしれません。

Sponsored Link

ルーファスはすばらしいダークヒーロー

このところの軌跡シリーズはすっかり大所帯となってしまいました。閃1の時ですら多いと思っていたくらいです。

このことは功罪あると思っていて、やはり各キャラクターの描写が(比較的)中途半端にはなってしまうでしょう。

もちろん功の部分は認めているのでやってくれてよかったとは思っていますが、次回作以降はもう少し絞ることを希望しています。

ルーファスも重要な役どころがあったとはいえ、閃シリーズで存在感は並程度といってよいでしょう。

それが今回の創の軌跡で、まさか主人公になるとは思ってもみませんでした。

スポットを当ててしっかり描写することで、魅力的なキャラクターに生まれ変わったと感じています。生まれ変わったのではなく、魅力が引き出されたというべきでしょうか。

彼は大きな挫折を味わいましたがそのまま沈むことはなく、かといって開き直るわけでもなく、自身としっかりと向き合っています。

正体を隠すために≪C≫に扮するというのも、(意味のないことではなかったのですが)どこか茶目っ気が感じられます。

重い出生の事情をかかえているがゆえに悪役となった彼ですが、性格が暗いというわけではないありません。

とてもよいキャラクターで、今思えば主人公への抜擢は英断でした。

発売前の≪C≫=ルーファス説は、主人公というにはキャラクターが少し弱いと思っていたので疑問を感じていたのですが。しかしそれは単にこれまでの描写が弱いというだけのことだったようです。また最後に改心していたとはいえ、悪役という先入観もありました。

正体が誰であれ、事前に明かさないという点も面白いと思いました。

空3rdでケビンが主人公になった時は自然に受け入れられましたが、ルーファスだと意外に感じたはずです。意外性を狙うのであれば、最初に正体を隠す方が話題性という点でも有効です。

 

日本ファルコム公式 英雄伝説 創の軌跡 ザ・コンプリートガイド [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]

 

やはり次回作以降では、キャラクターを絞ってしっかり描写する方針に転換すべきとの思いを強くしました。

特にヒロインは一人でもよいくらいです。あちこち目移りさせられるのは嬉しいという向きもあるのかもしれませんが、振り回されて面倒とも思えます。

くりかえしますが、近年の大所帯が悪かったわけではありません。世界規模の事件なのですから、少人数で回してはそのスケールの大きさを描き切れなかったはずです。

ルーファスがエンディングで死にませんように。

≪C≫パーティのキャラクターの多彩さがすばらしい

空の軌跡の魅力は、まさにこのキャラクターの多彩さでした。

お気に入りはアガット、オリビエ、レーヴェ、ケビンです(ヤローばっかり…)。それ以外のキャラクターも、ドラマを盛り上げる役割をそれぞれ担っていました。

残念ながら零以降では、ずばりステレオタイプなキャラばかりになってしまったと思っていました。近年では全体の数が増えたということもありますが、別にいなくてもよいと思われるキャラもいます。

この路線が続いては、いずれ飽きるという懸念がありました。

今回ルーファスを主人公に据えましたが、周辺のキャラも殺し屋の少年少女にしゃべる人形と、実に多彩です。

発売前に≪C≫とアリオスとデュバリィが並んだ画像が出たとき「なんだこの面子は!」と話題になりました。

今気づいたのですが、彼らは既存キャラでした。

魅力的な新キャラが出たから新鮮に感じる、というものでもなさそうです。

今までマンネリに感じていたのはキャラそのものではなく、その組み合わせだったのかもしれません。

全員優等生タイプのキャラクターが全員同じ目的へ向かって行動するという設定こそが、マンネリに感じられる理由だったのでしょう。

閃ではカゲのうすいエリオットやマキアスも、組む相手次第では魅力的に見えてくるのかもしれません。マキアスといえば閃4でのクエストがよくできていて、多くのユーザーに好評だったとのことです。

従来の路線ではスウィンとナーディアを中心に、同じ目的の仲間をくっつけるという定石だったのでしょう。それはRPG黎明期からのものだったのですが、それゆえ疑問に思うこともありませんでした。飽きのようなものは感じるが、原因は分からなかったということです。

それが今回は、正体を隠した仮面の男に雇われるという今までには考えられない設定でした。そこに新鮮さを感じたのです。

社長インタビューによると、今回の≪C≫ルートのパーティーには手ごたえを感じているとのことです。創の軌跡はさまざまな試みが取り入れられていますが、少なくとも≪C≫ルートのパーティーにおいては成功といえるでしょう。

Sponsored Link

"組織"とは?

スウィンとナーディアが属していた組織のことですが、今回登場した超科学技術の出どころのように思えます。

ニセマクバーンが登場しましたが、ノバルティス博士が制作したわけでもなさそうです。

結社以上の科学技術を持った組織が別にあるはずです。あるいは黒の工房の残党かもしれません。

ニセマクバーンが作られたのは、ノバルティスから協力を受けていたせいでしょう。ニセアリオスやルーファスが作られたのは今回の計画を進めるためです。スウィンとナーディアが属していた"組織"が、このことに関連しているのかどうかは分かりません。

しかしニセエンペラーは何のために作られたのでしょう。

スウィンとナーディアを追うことが理由として、それでは誰が作ったのでしょう。

ノバルティスのようにニセマクバーンを制作した者に依頼をしたか、それとも"組織"自身が制作して送り込んだか。

ニセエンペラーの制作の目的はスウィンとナーディアを追うことではなく、エンペラーの「条件」を変えて目的の未来を導くことなのかもしれません。

Sponsored Link

-軌跡シリーズ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.