ストリートファイター5 弱キャラ一覧(独断による)

スポンサーリンク

シーズン4時点で弱キャラと言われているのは、

コーディー

そして

影ナル者

です。

スポンサーリンク

シーズン4になってから、キャラ間のバランスがとても良くなったと言われています。
かつての弱キャラを押しのけて名前が挙がるということは、本当にこの2キャラは弱いのでしょう。

しかしそうではありませんでした。

この動画をごらん下さい。
注目は6:00以降の発言です。

マゴとときどがトパンガTVで、コーディーを最弱と認定したそうです。

その翌日、コーディー使いが2人に挑戦してきました。

その結果、マゴを3-1、ときどを2-0で「処理」しました。

当人の技術が高いだけで、コーディーが弱キャラではないと言えるのかどうかは分かりません。
しかしときどといえば世界チャンピオンです。
このコーディー使いの方は、どれだけうまいのでしょうか。

その技術をたたえて、

コーディーは弱キャラではない

と認めたいと思います。

最弱が実は違っていましたとなっては、弱キャラはもう存在しないのかもしれません。
それだけスト5はバランスの良いゲームになったのでしょう。

コーディー最弱発言は私も聞いたことがあります。
記憶が定かではありませんが、当時はまだ影は出ていなかったと思います。

だとすれば影が最弱という可能性があります。
大会でもあまり見かけません。

しかしsakoがサブキャラで使っているのを見たことがあります。

まだ出たてなので、最弱認定は早いでしょう。
思わぬ可能性を秘めているかもしれません。

スポンサーリンク

以前は弱キャラとして

ジュリ、リュウ、さくら、

アレックス、ファン、バルログ、

ブランカ、ザンギエフ、是空

などが挙げられていました。

しかし今ではほとんどのキャラが中堅入りして、弱キャラとは呼べなくなってしまいました。

しかしながら大会での出場頻度が上がったとは言えません。

中程度では乗り換えまでには至らないということなのでしょうか。

一応過去の記事を残しておきます。

ジュリ


私の持ちキャラです。
と言ってもLP1000程度で、それくらいなら他のキャラを使ってもあまり変わらなさそうですが。

少しは勉強したので、特徴を挙げます。

投げるキャラクターである。

かと言って投げキャラというわけではなく、
威力は大きくはないが、起き攻めで追撃するのが狙いです。

リュウと比較した場合、かなり投げやすいです。
間合いが広いのだと思います。

YouTubeで中継していたら教えてもらえたのですが、
敵を端へ追い込むのを狙うべきなのだそうです。

全てのキャラにおいて端攻めは有力ですが、
ジュリはそれを狙いやすいということなのでしょう。

Infiltrationが何かの大会で、ジュリを使って優勝していたのは嬉しかったです。
負けたのは日本人だったかもしれませんが。

弱キャラでも長所を見出して強キャラ対抗することが出来れば、
可能性が広がると思います。
そういう意味で嬉しいのです。

私は強さではなく、動きの楽しさに魅力を感じて、
ジュリを使っています。

しかし、どこがそんなに弱いと思われているのでしょうか。
高火力コンボも持っているのですけど。

リュウ


ここまで使われないのは、さすがに問題だと思います。
ストリートファイターとは言えない、というのも言いすぎかもしれませんが。

少し使ったことがあります。
その時に勉強したのですが、高火力が特徴とのことでした。
確かに、比較的簡単に大きく減ると思います。

何がそんなにダメなんでしょうか。

初期はウメハラ、ときども使っていました。
ときどは豪鬼が出て、すぐそちらへ移行したようですが、
ウメハラは相当粘ったと記憶しています。

やっぱりダメだったのでしょうね。
ちょっと触っただけのガイルの方が強いと言っていたと思います。

ウメハラがやめたのも、リュウ不人気の一因かもしれません。

さくら


若い娘だというのに、これも大会では皆無といってよいほど人気がありません。
理由はその弱さに尽きるのでしょう。

リュウと同タイプのキャラなのでしょうか。

アレックス

シーズン1の頃からいたと思いますが、大会の中継で見ることは皆無です。

しかし私がオンラインでプレイするブロンズ帯では、比較的よく当たります。
リュウ、さくら、ジュリ、
ザンギエフ、ブランカなどもそうですね。
キャラ差を考えるレベルではないので、好きなキャラを使っているのでしょう。

そういえば大会の中継でも、予選レベルならアレックスを見たことがありました。
上位陣と比べると幾分は使用キャラ選択に幅があるようで、ジュリなどは結構見ます。

アレックスは投げキャラと呼ばれていると思いますが、
完全上位互換の別キャラがいるのかもしれません。

ナッシュはガイルと同タイプのキャラだと思いますが、
「ガイルと比べて、どこもいいところがない」という意見を読んだことがありました。

ナッシュは強豪プロのボンちゃんも使っているので、
さすがにそんなことはないと思うのですが、
アレックスに関してはそうなのかもしれません。

今調べたのですが、ストーム久保がアビゲイルの前に使っていたのがアレックスでした。

結構勝っていたそうですが、キャラ自体は当時から弱いと思われていたようです。
その頃は格ゲー中継を見ていなかったので知りませんでした。

ファン

私のプレイしているブロンズ帯では、もっとも使われていないキャラクターです。

技巧的で敬遠されているのではないかという印象もありますが、
はっきり言って悪役、それもボスではないと丸わかりの風貌、動き、
このあたりが敬遠されているのでしょう。
(ファン使いの方、すみません)

大会、とくに上位ではまったく見かけませんが、
アマプレイヤーのYouTubeの中継では結構見ます。
相手側が使ってきます。

いろいろなチャンネルを登録しているのですが、
ダイヤ、プラチナ帯では、ファンを使う人も結構いるようです。

そのレベルの人でも、ファンはそんなに弱くないと言っていました。
性能の部分で、具体的にどこに問題があるのか知りたいです。

是空もそんなに弱くないと思うのですが、
一般の評価では弱キャラに分類されています。

中距離で早い攻撃を出せるあたりがとても強いと思いますし、
先日の大会ではウメハラのガイルが負けていました。
是空は今後評価が変わってくるかもしれません。

バルログ

ネモは今ユリアンを使っていますが、それまではバルログを使っていたそうです。
仕様変更でやりたいことができなくなってしまったのが、変更の理由でした。

それはそれとして、他に使う人がまったくいないということになると、
やはりバルログは弱いということだと思います。

イズナドロップみたいな大技は、対人戦では決めるのが難しそうに見えます。
実際どうなのでしょう。
もっと大会で見てみたいキャラクターです。

スポンサーリンク

ブランカ

スト2の頃から、初心者向けのキャラという印象です。

簡単に操作できてしまっては、あまり強くすることも出来ないのでしょう。
それが弱キャラである理由だと思います。

間口の広さと奥行きの深さが両立できればよいのですが、
大会ではほとんど使われていないところを見ると、
プロがやり込むほどの要素がないということなのかもしれません。

しかし、アマチュアの初心者が使う分にはよいと思います。
リュウはけっこう難しいですからね。

スト2の頃、ゲーセンで全キャラでのクリアを目指したのですが、
達成一番のりはブランカでした。

スト5のブロンズ帯でもよく当たります。
ボタン連打のビリビリで対空が出来たと思います。
これはラクです。

プロの大会では見ませんが、アマにとっての存在意義はあるといえるでしょう。
エドも同種のキャラということでしょうか。

ザンギエフ

一時期は強キャラに迫る勢いだったと思います。
波動拳も怖くないという感じでした。

しかし消えましたね。

これはアビゲイルが取って代わったからではないでしょうか。
時期的に、そのような気がします。
投げキャラではないと思うのですが、使い勝手に共通点があるのかもしれません。

板橋ザンギエフも、出来ればザンギエフを使い続けたかったのではないかと思います。

スト2の頃は今以上に、相性によっては絶望的に弱かったと記憶していますが、
それでも使い続ける人はいました。

今は高額賞金がかかっているので、職人技にも限界があるのでしょう。
世知辛い世の中になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする