アルファゼロ棋譜鑑賞 横歩取りその1

グーグル製将棋ソフト『AlphaZero(アルファゼロ)』の棋譜が100局公開されました。

200手超えの棋譜がかなりありました。
とりあえずそれ以下の手数で、横歩取りの棋譜をまとめました。

アルファゼロ将棋棋譜まとめ 横歩取り200手以下のみ全8局

これから見ていきます。

私の棋力は三段程度です。
間違っているところがあれば、コメント欄から教えて下さい。

それではよろしくお願いします。

戦型:横歩取り
先手:AlphaZero
後手:elmo

*棋戦詳細:
* 「AlphaZero」vs「elmo」
▲7八金 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △3二金
▲2五歩 △8五歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲5八玉 △4一玉
▲3六飛 △8四飛 ▲2六飛 △2二銀 ▲3六歩 △8六歩
▲3三角成 △同 桂 ▲8八歩 △2五歩 ▲2八飛 △5二玉
▲3八銀 △6二玉 ▲3七桂 △7二銀 ▲2九飛 △3四飛
▲8二角 △3六飛 ▲9一角成 △2三銀 ▲9二馬 △2六歩
▲4八金 △7四角 ▲8二馬 △3四飛 ▲3六歩 △同 飛
▲7七金 △3四飛 ▲3六歩 △同 飛 ▲8六金 △3四飛
▲3六歩 △同 飛 ▲7五金 △8三角 ▲8七香 △9四角
▲9二馬 △8四歩 ▲9六歩 △3五飛 ▲9五歩 △8三角
▲8二馬 △7一金 ▲同 馬 △同 玉 ▲8四香 △3六歩
▲4六金 △3七歩成 ▲同 銀 △3四飛 ▲8三香成 △同 銀
▲2六銀 △7四歩 ▲3五銀 △1四飛 ▲6五金 △3四歩
▲2六銀 △2五歩 ▲2四歩 △同 銀 ▲4一角 △2三角
▲9四歩 △同 歩 ▲3七銀 △6二玉 ▲9二歩 △7三桂
▲5五金寄 △3五銀 ▲9一歩成 △7二銀 ▲9二と △8一歩
▲1六歩 △5四香 ▲同 金 △同 歩 ▲8一と △同 銀
▲7五歩 △4二金打 ▲3二角成 △同 角 ▲7四歩 △6五桂
▲5六金 △5三桂 ▲3六歩 △5五歩 ▲6六金 △4五桂左
▲3五歩 △3七桂成 ▲同 金 △4四歩 ▲4六金 △4五桂
▲7三歩成 △同 玉 ▲6八銀 △5七桂左成▲同 銀 △同桂成
▲同 玉 △5六銀 ▲同金右 △同 歩 ▲同 金 △6五銀
▲4六金打 △4五金 ▲7四歩 △6二玉 ▲7三銀 △5一玉
▲5五香 △同 金 ▲同金直 △5六歩 ▲5八玉 △5三香
▲6二銀打 △4一玉 ▲3三桂 △3一玉 ▲5三銀不成△同 金
▲4九桂 △5七銀 ▲同 桂 △同歩成 ▲同 玉 △5六歩
▲4八玉 △4五桂 ▲4九桂 △5四金 ▲2一桂成 △同 玉
▲2三歩 △2二桂 ▲3三金 △5七桂成 ▲同 桂 △同歩成
▲同 玉 △5六歩 ▲同金寄 △同 銀 ▲同 金 △7五角
▲6六香 △6五桂 ▲同 金 △5六歩 ▲6八玉 △5七歩成
▲同 玉 △2三角 ▲4三銀
まで189手で先手の勝ち

37手目▲8二角


この手を消してから飛車を回ることもできたはずですが、そうしなかったということは相手側が指させたということです。

57手目▲7五金


3六へ何度も歩を打つところに笑いました。
それで手数を稼いで、角を圧迫すべく金を繰り出していきます。
香得も果たしました。
ちょうど歩切れになりましたが、横歩取りの主題である1歩得を活かした手順と言えるでしょう。

69手目▲7一同馬


△3六歩が気になるとはいえ、切ってしまいました。
手番が大事な局面ということでしょう。

73手目▲4六金


両取りがかかりました。
飛車が取れれば寄せが見えてきますが、角ではまだ長引きそうです。

79手目▲2六銀


▲5六角とは打ちませんでした。
飛車1枚では寄らないということでしょうか。

89手目▲4一角

△2五歩に▲2四歩と打ち返した手の狙いがこれでした。
しかし銀アタリなので、受けられたら6三へ成れません。
細い攻めです。

95手目▲9二歩


これは垂れ歩です。
取れば▲7四金で歩を取れます。

これまで見たところ、動きが限られています。

これ以外では桂頭を狙うとか、飛車を殺しに行くなど、単調です。

攻め駒が少ないので、遅くとも切れないようにしなければいけません。
そうして着実に迫っていけば相手の方から暴れてくるので、手駒を入手することができます。

この後はそういう展開になっています。

スポンサーリンク

技巧解析

ずっと先手優勢でした。

しかし手駒が揃うまでは、私には理解できませんでした。

こちらの玉も攻められましたが、こわい局面はなかったと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする