ゾーフィとゾフィーは別人なのかを調査!シン・ウルトラマンの映画に登場!

「ゾーフィ」が話題となっています。

ウルトラマンの映画に登場したのだろう、くらいに思っていましたが、

いやそのとおりなのですが、

よく知られた「ゾフィー」ではなく

「ゾーフィ」

です。

最初見たときには「ゾフィー」と読んでいました。

「ゾーフィ」「ゾフィー」の違いは何なのでしょうか。

調べてみたところ…

「ゾフィー」「ゾーフィ」は 別人で、なんの関係もない

ということが分かりました。

 

目次

「ゾフィー」とは

まずよく知られた「ゾフィー」のおさらいから。

ウルトラマンの最終回、ゼットンに敗れたウルトラマンを回収しに来たのが「ゾフィー」です。

ウルトラ兄弟の長兄ではあるものの、彼が主演のシリーズはありません。

のちに映画で主役にもなりますが、初登場はウルトラマンの最終回です。

ウルトラマンが敗れるというストーリーのために、新たに設定されたキャラクターなのでしょうね。

アマゾンプライムビデオ『ウルトラマン』へのリンク

 

なお次に登場するのは『ウルトラマンエース』となります。

ヒッポリト星人にエースの兄たちが全滅させられるのは、今でも覚えています。

ゾフィーもやられていました。

アマゾンプライムビデオ『ウルトラマンエース』へのリンク

「ゾーフィ」とは

なかなかややこしいのですが…

公開中の映画『シン・ウルトラマン』に登場する敵役に「ゾーフィ」というのがいます。

ゾフィーとそっくりですが、見まちがえることはないでしょう。

色違い以外にも、カラータイマーが無いなど胸部のデザインが少し違います。

ゾフィーの変化した状態とか、ニセモノというわけではありません(ニセモノではあるのか)。

「ゾーフィ」ゼットンをあやつり、ウルトラマンを倒そうとしているのです。

宇宙恐竜ゼットン 放つ火の玉の温度は1兆℃!

旧ウルトラマンにも、同様にゼットンをあやつる「ゼットン星人」が登場していました。

右下がゼットン星人。身長2m 体重60kg と、普通の人間とほぼ変わりません。

なお、ゼットンは身長60m 体重3万トンです。

 

つまり役割においては、

『シン・ウルトラマン』「ゾーフィ」

『ウルトラマン』「ゼットン星人」

同じということになります。

なぜ新作のウルトラマンでは「ゾーフィ」という名前になっているのでしょうか。

 

このイラストを見てください。

 

 

これは旧ウルトラマン放送当時に発売された、怪獣図鑑や児童誌からの引用です。

名前は「ゾーフィ」ですが、解説は「ゼットン星人」のものです。

 

ウルトラマン最終回に「ゾフィー」「ゼットン星人」が登場するため、情報が錯綜していたためのミスと考えられています。

 

もっというなら、編集者が功を焦って?早く発売したいがため?正確な情報の確認を怠ったからだとも。

なおこの話、マニアの間では結構有名だとか。

脚本の庵野秀明もウルトラマンマニアとのことですが、ゼットンを操る「ゾーフィ」はこのネタを元に着想したものと思われます。

 

う~ん…素直にゼットン星人にしておけばよかったと思うんですけどね。

ゾフィーと何の関係もないと言われても納得できない。

『シン・ウルトラマン』ゼットンゼットン星人役のゾーフィも登場しているということは、旧ウルトラマンの最終回のリメイクに近い内容なのでしょうか。

それならば「ゾフィー」はどうなるのでしょうか。

ウルトラマンが勝って終わるのかもしれませんね。なお、『シン・ウルトラマン』は、まだ見ていません。見るべきではあるのでしょうが…

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる