軌跡シリーズ

創の軌跡おすすめ強キャラクターランキング 各ルート別情報まとめ

 

動画や攻略サイトを参考にしていますが、判断は自分のものです。

軌跡シリーズは第1作からプレイしていますが、キャラ育成にはずっと無頓着でしたので間違いもあるかもしれません。ご意見はコメントからどしどしお寄せ下さい。

キャラクター単体ではなく、パーティ全体の強さで考えるべきだと思っています。各キャラの個性を把握し、役割分担を考慮する必要があるでしょう。ラスボス戦の選抜候補の参考にして下さい。

Sponsored Link

ロイドルート

ロイド・バニングス

固定パーティーなのかもしれませんが、性能面でも彼は外せません。

彼の最大の強みは、バーニングハートでブレイブポイントを1上昇出来る点でしょう。

バーニングハートは、それ以外の効果も有用なものです。まとめておきます。

 

消費BP:2

効果:4ターンSTR・DEF・SPD↑(中)「全状態異常・能力低下」解除 BP1上昇

よって彼に関しては、CPをどんどん補充していくように運用するべきといえます。クオーツやアクセサリー、同行キャラもその方針で選択することになります。

追記

こちらの記事のコメントで「防御特化」という概念を教えていただきました。

創の軌跡 回避特化型キャラ育成方法研究まとめ

試してみたところ、生半可なことでは死ななくなります。初心者から上級者までおすすめできます。

武器にDEFアップが付いているキャラは、他ルートですがユウナがいます。

ティオ・プラトー

マクバーン戦で試行錯誤させられたのですが、抜けるカギは彼女のオーダー、エイオンシールドでした。

消費BP:4

効果:4カウント/絶対反射:CP+30

消費BPが4、4カウントで終了というのは、決して使い勝手がよいとは言えません。しかしジリオンハザードに対抗するためには、背に腹は変えられないといったところです。なお、消費BPの高さをフォローできるのもロイドの強みと言えます。

ジリオンハザードは、「オーバーヒート」が発動のサインとなっています。

なお防御系のオーダーは、相手のターン直前にかけましょう。

あわててかけてしまっては、相手のターンが来るまで効果時間を無駄遣いすることになります。まあ、当たり前のことかもしれませんが…

さすがに燃費が悪すぎると思ったので、ティオの他の長所も探してみました。

最初に付けているマスタークオーツをそのまま育てると、クロノバーストを習得するのでしょうか。

軌跡シリーズの補助アーツで一番有用なものは、どうやら加速系らしいです。

使いこなせば、相手にターンをほとんど渡さずに倒しきることもできるとか。アーツに限らずオーダーでも、加速系は使用頻度は高いようです。

そのようなことは知らなかったのですが、私もクロノバーストは過去作でよく使っていました。

よってティオの運用方針は、EPを切らさないということになるのでしょう。使いどころのほとんど無さそうなエイオンシールドよりも、加速補助要員としての育成・運用を重視すべきでしょう。

リーシャ・マオ

彼女の強みはブレイブオーダー、影技《不知火》です。

消費BP:2

効果:6カウント/硬直時間0.5倍 2ターンSPD↑(中)

彼女がいるときのオーダーは、ほとんどこれを使っていました。消費BPも少なく、ロイドからの補充も期待できますので途切れることがありません。

とても使い勝手がよく、これだけでも彼女をパーティーに入れておく価値があると思います。

しかしもっと使いこなさないともったいないですね。

回避特化型キャラ向けのステータスだと思います。

創の軌跡 回避特化型キャラ育成方法研究まとめ

エリィ・マクダエル

クラフト「ストライクベル」が強力です。

ステータスはクオーツや装備等で自由に操作できますので、キャラの強さというのはクラフトのそれと言えるでしょう。

 

リィンルート

リィン・シュバルツァー

彼もロイド同様固定メンバーなのでしょうが、彼を外すことも考えられません。

剣とアーツの器用貧乏くらいに思っていたのですが、自然に考えて、剣を中心に運用すればよいようです。CPの燃費が悪いので、ロイド以上に補給を重視するべきでしょう。

神気合一は過去作ではほとんど使いませんでした。創ではどんどん使っていきたいです。やはりかっこいいので。

ひとつおすすめのクオーツを。

孤剣:最初の通常攻撃・クラフトを強化する(ダメージ量+50%) 1ターン「バランスダウン」

ザコ戦の開幕に全体攻撃をぶっ放せば、戦闘がかなり楽になります。

上位クオーツに「覇道」(ダメージ量+100%)、「真・覇道」(同+150%)があります。

エマ・ミルスティン

今回はエマをアーツ要員としてしっかり育成していく予定です。理由は過去作の動画に感動したからですが、それだけではありません。

過去作の絆イベントではアリサとアルティナを攻略したので、今度はエマに目をつけたということです(笑)

リィンルートのパーティーは強いので、回復のSクラを使う機会が今までのところありませんでした。

エマはアタッカー要因として育成するべきです。

最強アーツ「アルビオン・ヴォルフ」で10万ダメージも夢ではありません。

それには各種サポートが重要になります。

リンクアビリティ「ブーストアーツ4」で、攻撃力は2倍まで上がります。

4を持つキャラはクロチルダオリビエです。

また、クロチルダのオーダー「秘術《蒼孔雀》」は、BP消費が5と高めではありますが、

性能も「攻撃(4カウント/与ダメージ+100%)」と十分見合うものです。

エマを使用するのであれば、パートナーはクロチルダをおすすめします。

 

アルティナ・オライオン

クラフト「アルティウムヒール」が強力です。

CP40
回復:円M(地点指定):HP30%回復 CP+30 4ターンDEF↑(小)

アルティナに限らずCP回復系のクラフトも持つキャラは、クラフトが強いこのゲームにおいてはとても有用です。

ラウラ・S・アルゼイド

物理特化向けのキャラクターです。

STRの高さもさることながら、気絶効果付きのSクラフト「真・洸凰剣(→極・洸凰剣)」が強力です。

クロウ・アームブラスト

器用貧乏なキャラだと思っていましたが、アールマイティと訂正いたします。

物理・アーツ・回避、どのように育成しても強力です。

クラフト「デスティニーブルー」が彼の強みです。

CP100 補助:自己:3ターン「心眼」 6ターンSTR・ATS・SPD↑(大)

マキアス

コメントで教えて頂いた情報でプレイした動画です。

強力すぎるので最後の手段にしましょう。

ガイウス

全ルート通じて最強キャラとされています。

Sクラフト「真・吼天鳳翼衝」で相手にターンが回すことなく倒すことができます。

攻撃(威力4S+ ブレイクD 崩し無効):全体:絶対遅延+8

 

加速系はオーダーからも使おう!

シェラザードの「ヘブンズキス」は、空の軌跡の頃も猛威を振るっていました。

当時はクラフトでしたが、今回はオーダーから発動します。

加速系オーダーを持つキャラは多く、BP消費用が少ないものもあります。

キャラはリィンルートに集中しているようです。

サラ、クルト、クレア…

ユウナはマキアス同様、クラフトからですね。

どんどん使っていきましょう。

エリオット

アーツ系最強キャラとも?

火力では若干エマが上回るようで、エリオットの方はほとんど使うことがありませんでしたが。研究してみてください。

回復系が特に強いようです。

エリオットでなくとも、クロノバーストとセラフィムリングを持たせたキャラクターをサポートキャラに入れておけば、そうそう全滅することはないでしょう。

今作は防御系オーダーも使えると思います。

閃の3や4の頃は、時間をかけるとどんどんパワーアップしていく敵キャラもいましたけど。というより、回復の頻度が高かっただけかもしれませんが。

本作は回復はそこそこでも、元のHPが高い敵が多いように感じました。

Sponsored Link

《C》ルート

最強はルーファスでしょうか。

しかし主人公ですから、おすすめも何もありません。

そもそも選ぶほどのキャラクターの数もありません。

Sponsored Link

-軌跡シリーズ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.