テレビドラマ

半沢直樹ネタバレ 逆買収でスパイラルが電脳雑技集団からの買収を阻止できる理由とは?

第2話見終わりました。今週も面白かったですね。

半沢の

「逆買収です!」

で終わりましたが、どういうことかを原作小説を参考に考えてみました。

2話が終わった時点でも、すでにドラマと原作は違う点が多いので、ドラマがそうなるのかは確実ではありませんが。

Sponsored Link

半沢直樹が逆買収しようとする相手とは?

スパイラルに付いた半沢が「逆買収」というのであれば、相手は『電脳雑技集団』ということになります。業界のことは全く知りませんが、そういう対抗策もありそうな気がします。

しかし原作では、

スパイラルが買収を狙う会社は電脳でなく、

フォックスです。

逆買収でスパイラルが電脳雑技集団からの買収を阻止できる理由とは?

なぜフォックスを買収することで、スパイラルは電脳雑技集団からの買収を阻止できるのか?

原作ではフォックスの経営者である郷田すら、自社を買う理由を理解できませんでした。フォックスの経営はドラマでも説明があったように、すでに左前だったからです。

郷田が悪だくみの一味に加わった理由は、スパイラルの買収に協力すれば落ち目のフォックスを救済してもらえるとの裏取引があったからです。

半沢たちスパイラルサイドは、フォックスではなくその子会社に将来性を見出だしたのです。

フォックスを買収することによってその子会社も傘下に収め、スパイラルの市場での評価が上がることを目論んだのです。

株価が上がれば買収金額も上がるため、買収を断念させられるという計画です。

クライマックスでは、副頭取一味は銀行に採算度外視の青天井で融資をすることを認めさせようと画策します。

そこで半沢の倍返しが炸裂することになります!

ドラマは原作小説と違う点が多いので、思いも寄らない改変があるかもしれません。しかしそのおかげでワクワクしながら見ることが出来ます。

Sponsored Link

黒崎駿一が早くも登場!

黒崎は原作ではドラマ後編『銀翼のイカロス』からの登場となっています。

ドラマでは第3話からということに驚きました。どのように絡むのでしょう?

半沢はすでに銀行からは離れているのですが、金融庁は証券会社にも難癖をつけられるものなのでしょうか。

大和田常務の動向も気になります。

彼は頭取に取り入ったふりをしつつ、最後は裏切ることを考えているように見えました。

しかし副頭取一味に加わるようにも見えませんし、最初に予想していた半沢との共闘もなさそうな感じです。

大和田常務への内通者は誰かを予想する 半沢直樹を探る理由は?

これからも『半沢直樹』から目を離せませんね!

Sponsored Link

-テレビドラマ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.